« 龍崖山から柏木山 | トップページ | 鶴島御前山へ »

頭高山

1/28は頭高山へ。

2017012801

新松田駅が歩き出し。

2017012802

東名高速の下をくぐって、さらに道路を歩いていきます。途中、歩道がなくて注意しなくてはいけない所もありました。ようやくの事で登山口。

2017012803

残念ながら神山滝は冬季は立入禁止の表示がありました。登っていくとやがて斜面の長いトラバース道が続きました。ようやくの事で広い所に出ました。やはり丘陵の感じですね。

2017012804

以前、歩いた道に出ると大山などを見ることができました。

2017012805

今日は右回りの道を選択。回り込んで登ると三角点の横に出ました。以前よりも刈り払われたかな?

2017012806

あずま屋で休みますが、誰もおらず、静かな山頂でした。

2017012807

植えられたものか、水仙があたりにはちらほらと咲いていました。

2017012808

渋沢丘陵に向かいます。途中にはよい眺めを楽しめる場所がありました。

2017012809

渋沢丘陵に入ると海を眺められる所もありました。

2017012810

震生湖の近くでは梅がきれいでした。

2017012811

震生湖は釣り人が多いですね。

2017012812

秦野駅へ向かいます。白笹稲荷神社は静かでした。

2017012813

今泉名水桜公園は歩道がかなり整備された感じでした。この後、駅と違う方に歩いてしまい、余計な歩きが追加されてようやく秦野駅に出ることができました。

 

« 龍崖山から柏木山 | トップページ | 鶴島御前山へ »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんわ~

渋沢丘陵、懐かしく拝見しました。
落葉時はまた違った雰囲気で、2倍楽しめましたよー

神山滝…行けなかったんだね。
滝への道はどんな道なんだろう??興味津々です。

こちらに書いちゃうけど。
臼井に行かれた日、私、近くに居たんですよ
アチラに詳しい方に聞いたんですが、
印旛沼にはモモイロペリカンが居るんですって。
(ペリカンが居るのは吉高地区)
お花絡みで臼井の話をしてたので、ビックリでした~

れれちゃん、こんにちは。

神山からの道は尾根道で、神山滝へはそこから外れただけのようですね。
またそのうちに行ってみなくては。

あれあれ、あの日は近い所だったのですか。
ペリカンが日本の自然と調和するようには思えないけど、
どこからか逃げ出したものなのかな?(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭高山:

« 龍崖山から柏木山 | トップページ | 鶴島御前山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ