« 宝篋山へ | トップページ | 中沢から子の権現 »

小田城跡と平沢官衙遺跡

宝篋山に登る前、小田城跡に立ち寄ってみました。

2017021215

小田東部バス停からしばらく歩きます。もうすでに城跡だった一角らしく、家に裏手に石碑などがあったりしました。やがて城跡に出ました。このあたりは東曲輪跡だそうです。

2017021216

大手口から中に入ると広大な敷地。時間があればぐるっとひと回りしたかったのですが、山に登らなくてはいけませんから、諦めました。ここは鎌倉時代から戦国時代にかけて、小田氏の平城だったようです。平成21年から7年かけて整備されたようで、ごく最近まで整備されていたようですね。

2017021217

城跡付近から見る宝篋山もなかなか。宝篋山も城跡があったのですが、こちらの小田城跡との関係はどのようになっているのでしょうか。

2017021218

宝篋山を下ってから平沢官衙遺跡を見に行きます。北条大池には大きな馬頭尊碑。

2017021219

池越しに見る宝篋山もなかなかでした。

2017021220

そして平沢官衙遺跡。こちらは城跡ではなく、奈良・平安時代の常陸国筑波郡の役所跡だそうです。遺構を元に建物が3つほど復元されています。

2017021221

建物以外にも柱の跡などが残されています。風は冷たかったですが、お天気もよく、日当たりの良い所でのんびりと過ごしました。

« 宝篋山へ | トップページ | 中沢から子の権現 »

城跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田城跡と平沢官衙遺跡:

« 宝篋山へ | トップページ | 中沢から子の権現 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ