« お天気山へ | トップページ | お花の後は草戸山へ »

城山かたくりの里2017/03

やはり春と言えば行きたくなるのが、城山かたくりの里。
ということで、3/20に行ってきました。

2017032003

今年の冬は久しぶりに本当に寒かった年。いつもならもう少し暖かいはずですけど、今年は少し違いました。ということで雪割草が見たくなり、行ってみたところ、予想通り、たくさん咲いていました。

2017032001

2017032007

ほんとうに、これでもかと咲いていて、やっぱり春ですね。

2017032002

福寿草もきれいです。

2017032004

黄色セツブンソウ。普通のセツブンソウはここでは見たことがないけど、オープン前に咲いてしまうのかな。

2017032006

2017032009

キクザキイチゲ、アズマイチゲなどももちろんありました。

2017032011

やはりこの日数は少なかったけど、カタクリも見られました。

2017032005

個人的にはコシノコバイモが見られたのがラッキーでした。山ではなかなか見られませんからね。

2017032008

マンサクも花つきが良い感じでした。

2017032010

ショウジョウバカマ。雪国ならいくらでも見られるのですけどね。

2017032012

桜玄海ツツジだそうです。本当にたくさんのお花が咲いていて、楽しい一時を過ごせました。

 

 

« お天気山へ | トップページ | お花の後は草戸山へ »

お花」カテゴリの記事

コメント

桜の開花を迎えてから、寒の戻りで山野草の開花も遅れ気味、
武蔵野の林の中をカタクリやフデリンドウを見て回っていました。
今年はリブルさんのブログを見て、大菩薩嶺に加え富士山周辺の
山を登りたいと思っています。

追伸:キリシマツツジではなく、アカヤシオのように見えますが?

たまびとさん、こんにちは。

フデリンドウ、ようやく自分も見ることができました。
やはり春はいろいろなお花が咲くのがいいですね。
急に暖かくなったので、一気に咲いてしまい、それはそれであっという間に夏になってしまいそうですが。

富士山周辺の山々も楽しい山が多いですね。
公共交通機関利用だと、交通費が結構かかるのが難点ですけど。

ありがとうございます。キリシマツツジは誤りだったようです。
城山かたくりの里の公式blogを見てみると、桜玄海ツツジだったみたいです。
直しておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城山かたくりの里2017/03:

« お天気山へ | トップページ | お花の後は草戸山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ