« 奥久慈岩稜コースその2 | トップページ | お天気山へ »

秩父の城山へ

また1ヶ月遅れがじわじわ近づいていますが、3/12は城山へ。

2017031201

白久駅が歩き出し。

2017031202

以前に熊倉山から逆コースで歩いていますが、登りにとるのは初めて。結構きつい登りです。以前はアンテナがあった場所は何もなくなっています。

2017031203

この日はとても風が冷たく、とても3月半ば近くとは思えない寒さ。ひたすら登ります。

2017031204

だいぶ登って城山が近くなりました。

2017031205

城山は樹林の中なので、手前の明るい所で昼食にしました。

2017031206

久しぶりの城山。城跡の案内板も健在でした。

2017031207

掘割などがやはり城跡らしいですね。

2017031208

道路に出ます。熊倉山の登山口にもなっています。

2017031209

道路を下っていくと、途中の民家の庭先には咲き始め福寿草でした。

2017031210

矢通反隧道は崩落の恐れがあり、通行止になっています。

2017031211

横から尾根に出て、弟富士山へ。神社がありました。

2017031212

わずかに下ると岩があり、鉄扉が付いています。虚空蔵大菩薩が中にあるのでしょうか。

2017031213

先へは下れませんが、秩父の町並みが少し見えました。

カタクリ自生地はこの日、カタクリの葉がたくさん出ていました。
武州日野駅に出ました。

« 奥久慈岩稜コースその2 | トップページ | お天気山へ »

登山(奥秩父)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父の城山へ:

« 奥久慈岩稜コースその2 | トップページ | お天気山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ