« 城山かたくりの里2017/03 | トップページ | のんびり日和田山から »

お花の後は草戸山へ

城山かたくりの里でお花を見た後は草戸山へ。

2017032021

いつも通り、小松城跡への道に入り、しばらく辿ります。以前に比べると随分歩く人が増えたなと思います。道脇のスミレはほとんど消えてしまったことでしょうね。小松城跡はパスして先へ進み、評議原で一人ベンチに座って簡単な昼食。よいお天気でした。

2017032022

梅園はもう見頃を過ぎてしまっていると思われたので立ち寄らず、雄龍子山への道と分かれて右へ道路を歩いていきます。

2017032023

大戸バス停を見て先を左に曲がって大地沢林道を進み、アスレチック広場から登ります。

2017032024

峠の丘に出て、さらに歩き、草戸峠。

2017032025

草戸山は春霞で遠望は効きませんでした。

2017032026

下山は初沢川に下りてみました。末端からは追わず、藪を避けたのですが、降りると人に会ったのにはびっくり。川沿いの踏み跡はかなり藪っぽく、最後は霊園近くに出るのであまり良い踏み跡とは言えませんでした。高尾駅に出ました。

ということでこの日に他に見たお花。

2017032027

スミレは同定が難しいけど、これはコスミレなのかな?

2017032028

こちらはもっと濃い色のバージョン。こちらはノジスミレっぽい雰囲気もあるけど、毛が生えていないので違うようでした。

2017032029

アオイスミレ。

2017032030

ニリンソウも咲き始めていました。

2017032031

ユリワサビ。小さいけれど、春らしいですね。

楽しい一日でした。

« 城山かたくりの里2017/03 | トップページ | のんびり日和田山から »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お花の後は草戸山へ:

« 城山かたくりの里2017/03 | トップページ | のんびり日和田山から »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ