« 恩若峰へ | トップページ | 矢岳へ »

塩ノ山

塩山駅に着いたのはまだお昼前。さすがに帰るのは早すぎるなぁ、とまだ歩いたことのない塩ノ山に行ってみることにしました。

2017043015

塩山温泉の先へ行き、向嶽寺へ。立派なお寺です。
でも、見学は出来ない模様で、外から見るだけです。

2017043016

あたりの新緑が素晴らしかったです。

2017043017

塩ノ山に向かいます。

2017043018

少し歩くと塩山温泉からの道と合わさり、山頂に向かいます。

2017043019

登山道からは富士山がよく見えました。

2017043020

ヤマツツジがそれなりに咲いておりました。

2017043021

さすがに天気もよく、かなり暑い山頂でしたが、日陰があるので助かりました。

2017043022

休憩舎の横から周遊できる道がありますが、向嶽寺を示す文字が消されていて、歩いてよいかどうか分からないし、あまり面白みがなさそうなので、往路を下りました。

2017043023

塩山温泉に立ち寄ろうかと思いましたが、まだ2時にもなっていないので、そのまま駅へ出て帰りました。


« 恩若峰へ | トップページ | 矢岳へ »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

向嶽寺も行ってみたいお寺の一つですが、見学は出来ないようですね。
臨済宗(禅宗)には多くの宗派があり、向嶽寺は十四ある本山の一つです。
多くは京都にありますが、鎌倉の建長寺、円覚寺も本山の一つです。
3年ほど前から座禅にはまり、月に一度、地元の禅寺や鎌倉で座禅をしています。
向嶽寺の北側にある夢窓疎石ゆかりの「乾徳山恵林寺」も臨済宗の禅寺で、
夢窓疎石は山号の元となった乾徳山の山頂直下の岩窟で座禅していたようです。
今年は、恵林寺で座禅をしたい思っています。

たまびとさん、こんにちは。

向嶽寺は本山だったのですか。
明治49年の「甲州案内」という本にももちろん出ていますね。
おっとこんな本はもちろん買ってませんよ。
国立国会図書館デジタルコレクションで読めます。
これによると塩ノ山は昔は松茸がたくさん採れたそうな。今は少なくなったとありますが、平成の今はどうなのでしょうね。

そういえば、塩山駅のバス停で、向嶽寺や恵林寺、ワイナリーなどを巡るバスが最近できたようです。
ただ、春、夏・秋の限定の上に走るコースが異なり、また、春は4、5月、夏・秋は7、8、11月という変則運転ですが、
お寺などの観光で行かれるのであれば、このバスのある時期に行けば、あまり歩かなくても良さそうですよ。
山梨交通のホームページで見ることができます。
もちろんマイカーなら、関係ありませんけど。
山にも使えそうにないのが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩ノ山:

« 恩若峰へ | トップページ | 矢岳へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ