« 富谷観音 | トップページ | 金剛山へ »

駒込散歩

4/15は駒込付近へ。

2017041501

ちょっと疲れていたので、山はお休みしたのですが、せっかくの良いお天気。
ちょっとは歩こうと駒込へ。駅前の桜は散りつつある感じでした。

2017041502

駅前の大黒神社でお参り。大国主命が祭神だそうです。

2017041503

少し歩くと子育て地蔵尊。寛文八年(1668)にお堂が建設されたそうな。

2017041504

少し歩けば妙義神社。静かな神社ですが、神社の右には広場があり、下に落ちたたくさんの桜の花びらがとても印象的でした。

2017041505

小学校の前には駒桜がありましたが、もう散った後でした。
わずか先に門と蔵のある広場。丹羽茂右衛門の屋敷跡の一部だそうです。
この日は蔵が解放されていて、中で地元の写真などを見ることができました。

2017041506

西福寺の六地蔵に立ち寄りました。豊島区最古の物だそうです。

2017041507

隣が染井稲荷神社。立ち寄ると急に強い風が吹いて桜吹雪が舞い、春の一コマを楽しめました。

2017041508

染井よしの桜の里公園では桜がよく咲いていて、青空の晴天ということもあり、素晴らしかったです。

2017041509

さらに歩いていくと六地蔵が二段になっている十二地蔵があります。

2017041510

染井霊園のあたりも旬は過ぎていましたが、まだ桜がよく咲いていました。
本妙寺は遠山景元のお墓があります。南町奉行を務めた通称金四郎だそうで、遠山の金さんのモデルのようです。

せっかくなので帰りはとげぬき地蔵の高岩寺に立ち寄り、巣鴨駅まで歩きました。

« 富谷観音 | トップページ | 金剛山へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駒込散歩:

« 富谷観音 | トップページ | 金剛山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ