« 金剛山へ | トップページ | ザゼンソウ »

石砂山へ

金剛山からの続きです。

2017041610

鉢岡山からは怪しいルートで道路に降りました。最後はちょっと失敗して飛び降りるハメになったけど、怪我もなく、無事に降りられてよかったです。
しばらく道路を歩き、大石神社に行くと桜がきれいでした。

2017041611

大石神社は一段下がった所に鳥居があります。舞台の先が神社になっていて、舞台は土足禁止。スリッパに履き替える必要があります。やはり珍しい神社ですね。

2017041612

ミツバツツジが満開。

北尾根の取り付きは扉で塞がれていました。(後でネットで探すと開けて通っている人もいるようですが。)なので、この時期限定ということで、別な場所から沢を渡渉して支尾根に取り付きました。ひどい急登。

2017041613

なんとか木祠の所に出ました。

2017041614

比較的歩きやすい尾根で、作業には使われているのかな。天気も良く気分もいいです。

2017041615

499m点の石祠。

2017041616

淡々と進んでいくと急登をこなして石砂山西峰。ただの藪のピークです。まだ芽吹き状態なので眺めがありました。

2017041617

久しぶりの石砂山。さすがに人が多かったです。ギフチョウ狙いの人も多く、持ってきた望遠レンズで一時間弱追いかけましたが、この日はまだ出始めらしく、小さい蝶が高速で舞っている状態。残念ながら写真は撮れませんでした。でもたくさん目で見たからいいか。

2017041618

ヒオドシチョウは結構撮れるのになぁ。

2017041619

伏馬田方面へ向かう人はほとんどおらず、静かな歩き。ヒトリシズカがよく咲いていました。

2017041620

途中、鉄塔を過ぎます。

2017041621

伏馬田城址に立ち寄りました。あまり眺めはありません。
咢堂桜の案内板があり、尾崎行雄(咢堂)氏が東京市長時代、ワシントンへ送った桜を昭和56年に里帰りさせ、そのうちの32本が生誕の地である津久井市に送られたそうです。
近くにも桜が咲いていましたが、寒いせいかどうか、花つきはあまり良くなかったようです。

2017041622

道路に降りて、左に桜が見えたので行ってみると満開の桜。この日は風が強く、散りゆく桜吹雪を満喫できました。

2017041623

近くには農場があり、そこのものでしょうか。何本もある桜は満開でまさにあっぱれ。
春の楽しい一時を過ごすことができました。

2017041624

道路の途中でも植栽のミツバツツジがよく咲き、その他のお花もたくさん咲いていて、とても気分よく歩けました。やまなみ温泉まで歩くつもりでしたが、なんと途中で乗り合いタクシーに声を掛けられ、やまなみ温泉まで200円で乗れました。

これは牧野地区乗合タクシーというもので、通常は電話での予約制なのですが、たまたま予約のお客さんが乗っていたからのようです。ちなみに県外の人でも使えるようですが、1時間前に連絡が必要です。

やまなみ温泉でのんびり入浴しますが、なんと露天風呂まで桜が満開。
桜の花見をする露天風呂は初めてです。
最後まで花見を楽しんだ素晴らしい一日でした。

« 金剛山へ | トップページ | ザゼンソウ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石砂山へ:

« 金剛山へ | トップページ | ザゼンソウ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ