« 若神子山へ | トップページ | 大蔵経寺山へ »

長沼丘陵から平山城址公園

5/4は公園巡り。

 

2017050401

 

もう何度も歩いている長沼丘陵。でも天気が良いし、爽やかな風の日で出掛けてみたくなりました。
長沼駅から歩き出し、しばらく歩いてまずは六社宮。

 

2017050402

 

奥に進むと以前来たときに歩けなかった井戸たわ尾根が歩けるようになっていたので、登って見ることにしました。

 

2017050403

 

この日はもう新緑は深まりつつある感じでした。

 

2017050404

 

静かな良い道ですね。

 

2017050405

 

ヤマツツジが良い感じでした。

 

2017050415

 

野猿峠口近くのベンチに座って、のんびりおにぎりの昼食。GWにしては人が少ない感じ。
風に吹かれていると少し寒いくらいでした。

 

2017050406

 

ジュウニヒトエなんかをよく見掛けました。

 

2017050407

 

道端にはシャガがよく咲いておりました。

 

2017050408

 

頂上園地付近からは奥多摩や秩父の山々を眺めることができ、やはりいい感じですね。

 

2017050409

 

ニョイスミレみっけ。

 

2017050410

 

平山口から降りて、しばらくは住宅地をうろちょろ。なかなか分かりにくいですね。
ようやくの事で平山城址公園の入口に到達し、中に入るとフジの花がよく咲いていました。

 

2017050411

 

この日のツツジはお見事!

 

2017050412

 

一旦、公園を出て、季重神社に立ち寄りました。

 

2017050413

 

 

 

公園に戻り東園に進んで展望デッキからはやはり奥多摩の山々などを眺められました。
さすがに午後は暑くなりました。

 

2017050414

 

下っていって、終わりと始まりの広場というのはこのあたりでしょうか。そこから先へ行くと農地に出てしまい、戻ったのですが、ここから右手に踏み跡があり、それを辿ったら藪道になり、やがて樹林で終わっていました。どうやら里山保全地域に踏み込んでしまったようです。仕方なく戻りました。

 

2017050416

 

 

 

登りかえしも結構あり、中央広場まで戻って、さらに平山季重の道を歩いて季重神社まで戻りました。そこから下って平山城址公園まで。そんなに歩くつもりはなかったのですが、結構長い歩きになってしまいました。

 

2017050451

 

ということで、やっぱりGWの公園と言えば、キンクンはお決まりですね。
しっかりおりましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 若神子山へ | トップページ | 大蔵経寺山へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長沼丘陵から平山城址公園:

« 若神子山へ | トップページ | 大蔵経寺山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ