« せせらぎ菖蒲園へ | トップページ | 白岩滝へ »

内牧公園と蓮池へ

6/17は野暮用があり、天気が良かったけど、山に行けず、ウォーキング。

2017061701

東武アーバンパークライン、って長いので覚えにくいですね。東武野田線の方が分かりやすい気がします。大宮から滅多に乗ったことのない路線ですが、八木崎駅で下車します。

2017061702

少し歩くと八幡神社。

2017061713

横には在原業平の歌碑。江戸時代末期に建てられたもののようです。

2017061703

立ち寄ってみるとなかなか大きな神社。ご神木の杉もなかなか大きいものでした。

2017061704

古隅田緑道を歩き、さらに進むと内牧塚内古墳群の表示。あたりにはいくつもの古墳があるようです。

2017061705

内牧公園に入りました。

2017061706

内牧公園遺跡があります。

2017061707

当時の家屋を復元した建物がありました。

2017061708

先へ歩いていくと花菖蒲が植えられている所がありました。
でも、日当たり良すぎて、もう時期を逸し始めていました。

2017061709

さらにしばらく歩いて蓮池。残念ながらこの日はちょっと早すぎて、咲いているものはポツポツ状態でした。

2017061710

広い景色を見ながら、駅方面に向かいます。しかし、6月半ばなのにもう夏状態で暑い日でした。

2017061711

だいぶ歩いた先の満蔵寺横には梅若塚。

2017061712

古隅田公園の小さな丘のような所を進みます。これは昔の堤防の跡だそうな。
豊春駅に出て帰りました。


« せせらぎ菖蒲園へ | トップページ | 白岩滝へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内牧公園と蓮池へ:

« せせらぎ菖蒲園へ | トップページ | 白岩滝へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ