« 森鴎外記念館へ | トップページ | せせらぎ菖蒲園へ »

不老山

6/10は丹沢へ。

2017061001

西丹沢行きのバスを川西橋で下車します。ちなみに、西丹沢自然教室は西丹沢ビジターセンターと最近名称が変更されたようです。

2017061002

前と同様に学校裏手の道を進もうとしたら、なんと新東名の工事で通行止になっていて通れませんでした。
諦めて戻り、しばらく車道横を歩いて先へ行くと新たな橋が掛けられていて、宮原入口バス停で下車した方が良かったようです。

2017061003

先へ行くと左手は大規模に新東名の工事がされています。でも、塩沢集落は以前と変わらないたたずまい。しかし、塩沢に降りるあたりの橋のようなものは流されてしまったのか見当たらず、降りるのも一苦労。渡渉して進み、なんとか塩沢ノ大滝の近くに行きましたが、こちらも倒木などで近寄れませんでした。

2017061004

奥へ進みましたが、取り付きが分からず、テープの付いた所を登ったら、ひどい支尾根。
プラスチック杭があったものの、危険な所もありましたが、なんとか登り、谷ヶ山近くに登りついたようです。

2017061005

岩田さんらの道標を見るともう登山道。しかし、だいぶ破損したりしているものも多くなり、そろそろ賞味期限が近づいているようです。

2017061006

登っていくと送電線のある切り開きで富士が見えましたが、ぼんやりでした。

2017061007

ということで不老山に近くなれば、サンショウバラが咲いています。

2017061008

撮影しながら進みましたが、やはり一番良かったのは山頂付近のものでした。

2017061009

たっぷり咲いていて、眺めはなかったけど、良い山頂でした。

2017061010

往路を戻り、まだ歩いたことの無かった生土への道を下ります。写真は不老林道への分岐。

2017061011

たくさんの看板などを見ながら下っていきました。登山口にある道標は残念ながらもう読めなくなっているようです。

2017061012

この日は下へ降りると暴風のような風が吹き付けてきました。不老山へ百歳で登ったりしたのでしょうかね。

2017061013

暑い駿河小山駅に出て帰りました。

« 森鴎外記念館へ | トップページ | せせらぎ菖蒲園へ »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不老山:

« 森鴎外記念館へ | トップページ | せせらぎ菖蒲園へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ