« 牛奥雁ヶ腹摺山から大菩薩嶺 | トップページ | 間ノ岳から北岳 その2 »

間ノ岳から北岳

夏山縦走も終わって、ほっと一息。かなり疲れました。
そっちを先にアップしたい気分ですが、まだログは7月の山行記録です。
7月の三連休は間ノ岳から北岳へ行きました。

2017071501

甲府駅から9時のバスに乗ろうと思ったら、やっぱり三連休ですごい行列。
とても乗れるはずもなく、立ち乗りは勘弁なので、10時のバスで入りました。
やっぱりこれも人が多く、到着が遅れましたけど、北沢峠行きのバスには接続していて、なんとか乗れました。
でも昼食を取る暇もなく、ようやく13時前に野呂川出合に到着。
まずは昼食を取って腹ごしらえ。

2017071502

久しぶりに両俣に向かって長い林道歩き。天気は良かったはずですけど、だんだん雲が多くなってきました。さすがに深山、少し涼しい感じ。

2017071503

調子も良く、どんどん歩いて、両俣小屋まで1Kmの表示。普通15min、遅い30minとあったけど、自分は20分かかりましたよ。15分はかなりきついのでは。

2017071504

さすがに沢沿いを歩くと涼しい。でも湿気が多いので微妙。

2017071505

両俣小屋でテントを張りました。

2017071506

ミヤマミミナグサかな?

2017071507

同定できなかったけど、小屋近くに咲いていたお花。ヤマハタザオとかなのかな。

次の日は北岳へ直接登るルートを取りたかったのですが、小屋で通行禁止と言われてしまい、仙塩尾根を間ノ岳から北岳へ回るルートに変更しました。
どうやらすでに廃道状態みたいですね。ちなみに沢を渡る木橋なども撤去されているようです。

都内はひどい暑さでしたが、沢沿いのせいかちょっと冷え込むくらいで、夜半にはシュラフのジッパーをしっかり閉めて寝ました。

その2に続く。

« 牛奥雁ヶ腹摺山から大菩薩嶺 | トップページ | 間ノ岳から北岳 その2 »

登山(南アルプス)」カテゴリの記事

コメント

南ア、懐かしいです。
熊ノ平にテントを張って塩見を往復したことがあります。

続きを楽しみにしています。

塩見もいい山ですね。
この山行でもしっかり見えましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間ノ岳から北岳:

« 牛奥雁ヶ腹摺山から大菩薩嶺 | トップページ | 間ノ岳から北岳 その2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ