« 間ノ岳から北岳 その3 | トップページ | 間ノ岳から北岳のお花 »

芦安温泉 白峰会館

北岳の帰りは、芦安温泉で入浴。
以前はよく安価な山渓園で入浴しましたが、残念ながら今は閉館してしまったようです。

ということで、バスを芦安駐車場で降り、目の前にある白峰会館へ。

2017071531

入浴料は700円だったかな。券売機で買って渡します。

内湯と露天風呂があります。
どちらも単純温泉のお湯ですが、内湯はごくわずかに硫化水素の香りがしたような気がしましたが、ほぼ無臭に近いものです。
柔らかいお湯であまり熱くはなく、のんびり入れました。

露天風呂はあまり大きくはなく、また樹林で眺めもそれほどはありませんが、このあたりでもまだ標高がそれなりにあるせいか、比較的涼しく、ゆっくりと入れました。
食堂もあるので、昼食を取るのも良いと思います。

ちなみに自分は芦安駐車場まで切符を買って降り、ここでさらに駅までのバスの切符を購入したのですが、案内の方が言うには、駅までの切符を買って、途中下車できるそうです。それの方が少し安くなりますし、買う手間も省けます。
もし、駅まで行かれる方でこちらで入浴しようと思っている方は、広河原でバスに乗る時に聞いてみると良いと思います。

ちなみにここから乗ると、多くの場合、座席は埋まっているため、立ち乗りになります。
自分も立ち乗りになりました。なので甲府駅まで行かず、物は試しと手前の竜王で降りてみました。竜王駅はそれほど遠くなかったものの、電車の本数が少ないこと!
電車は1時間30分以上の待ちになってしまったので、しばらく歩いて街道からバスで甲府駅に出ました。

余計な料金を払った上に余計な歩きまで加わったので、やはりここは立ち乗りでも甲府駅まで出てしまった方が良いようですよ。トホホ。(T_T)

« 間ノ岳から北岳 その3 | トップページ | 間ノ岳から北岳のお花 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

私も昨日ここで入浴しました。お風呂は登山帰りのハイカーが数人でした。食堂の甲州カツ丼はなかなか美味しく頂きました。
ところで山渓園がもう閉園とは残念です。一昨年2回入りましたが、地元の方が利用するだけでノンビリした感じでしたね。

のぞむさん、こんにちは。

仙丈ヶ岳などに行かれたのですね。
天気が良かったようで羨ましいです。
やはりアルプスは天気がいいと気分もいいですね。

山渓園は、こじんまりした施設で良かったですよね。
自分も調べてみて、営業を止めたのを知って残念に思いました。
やはり甲府から芦安行きのバスが無くなってしまった、
(最近はコミュニティバスができたようですが。)のも若干影響したのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芦安温泉 白峰会館:

« 間ノ岳から北岳 その3 | トップページ | 間ノ岳から北岳のお花 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ