« 金城山へ | トップページ | 五十沢温泉 ゆもとかん »

金城山へ その二

続きです。

2017091020

山頂からは巻機山を見ることができますが、この日は雲がかかっていました。

2017091021

少し戻って岩場に登ってみると、石碑が並んでおりました。

2017091022

先へ降りますが、いきなりの鎖場。その先も結構急な道でしばらく下ります。途中、左手に大規模な崩壊地が見えますが、これも数年前の豪雨被害でしょうね。写真は振り返った所。

2017091023

高棚コースと思われる入口はテープが張られていました。

2017091024

少し下ると水場の表示。薄い踏み跡がありましたが、行きませんでした。でも水音は聞こえておりました。

2017091025

観音山コースを下山するつもりではありましたが、やはり滝入コースにトライしてみたくなってしまいました。かなり厳しいコースのようですが、果たして無事に下ることができるのでしょうか。

2017091026

七合目、六合目と緩やかな尾根を下りますが、ここまではそれほどの道ではありません。
ここで右に曲がります。その先は昔は上大月へ向かうコースなどがあったようですが、今は廃道になっているようです。

2017091027

再び厳しい鎖場などの下りを頑張ります。五合目を通過。

2017091028

さらに下っていくと沢に出ます。冷たい水で顔を洗って一息。
そこからの下りがまた一苦労。

2017091029

しばらく下ると谷の見える場所に出ましたが、まだ下りは長そうだなと思います。
しかし、この先が本当に辛い道。道は比較的分かるのですが、草が生えていて石ころが隠されていて、道は悪いし、足元は滑るし、下りは急だし、沢沿いで湿気が多く蒸し暑いし、ひどい道が続きました。

2017091030

やっとのことで大滝を左に見ました。全体は見えないみたいです。

2017091031

滝下で沢を渡ると二合目の表示。しかし、この先の下りが一番酷かった。やはりこの道は下山路には向いてませんね。

2017091032

簡単な渡渉を過ぎてようやくまともな道になり、歩いていくと今朝の水無コースとの分岐について、ひとまずホッとしました。

2017091033

登山口に出て後はのんびりと下っていきます。
やはり雲が多くなってしまいましたね。

2017091034

途中にあった南五十沢神社という神社で、無事に下山できたことの報告を兼ねてお詣りをしました。

2017091035

今朝降りた五十沢中学校バス停に戻りました。


« 金城山へ | トップページ | 五十沢温泉 ゆもとかん »

登山(越後)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金城山へ その二:

« 金城山へ | トップページ | 五十沢温泉 ゆもとかん »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ