« 小木津山 | トップページ | 予定外の武川岳 »

陣馬から高尾へ

10/30は久しぶりに平日山行。

2017103001

お休みをもらったのに台風。諦めてどこも予約しなかったら、予想外に早く抜けてくれることになりましたが、今更だし、3週間ぶりの山歩きなので、軽く歩こうと陣馬へ。
でも、台風一過の好天です。

2017103002

さすがに台風のせいか、この日は和田峠から先が通行止めになっていました。

2017103003

ひたすら登っていくと紅葉した木が。やはり青空とマッチしますね。

2017103004

陣馬山から眺める生藤山もすごくはっきり。

2017103005

富士山はと言えば、残念、雲が邪魔。

2017103006

陣馬山から海は見たこと無かった気が。

2017103007

人も少ないので、自分のペースで歩いて行き、景信山。山頂の標柱が新しくできていました。

2017103008

裏手の富士山が見える所に行くと、おお、雲が取れてすっきり富士でした。
でもこの日は雪が無いのが残念。

2017103009

小仏峠の標柱がなくなって、置物だけになると寂しいですね。

2017103010

城山山頂には赤く紅葉したモミジがありました。

2017103011

オレンジもなかなか。

2017103012

途中で降りるつもりでしたが、結局、高尾山まで歩いてしまいました。やはり高尾山からもしっかり富士が見られました。

2017103013

ここまで来たからには稲荷山コースを下山。途中の展望台から八王子方面の最後の眺めを楽しんで、下ります。

2017103014

高尾山口駅もさすがに空いていました。

« 小木津山 | トップページ | 予定外の武川岳 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは
奥高尾は、平日なら比較的静かに歩けて、快適ですよね。
まだ伐採やら整備やらが進んでいるみたいで、それがちょっと不満なのですが。

台風直後の澄んだ青空と、海と、富士山と、城山の紅葉と
気分よく歩かれたことでしょうね。

はなねこさん、こんにちは。

このあたりは平日に歩くのは初めてでしたが、
やはり土日とはちょっと違いますね。
明王峠先の伐採には吃驚しました。
随分雰囲気が変わってしまったように思えます。

最近は、台風一過にはなかなかならず、
台風が通り過ぎてもぐずついた天気になることが多かったけど、
やはり青空の元で歩くのは楽しいですね。
今年は雨が多いから余計そう思うのかもしれません。
せっかくの祝日もやっぱり雨ですし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陣馬から高尾へ:

« 小木津山 | トップページ | 予定外の武川岳 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ