« 子持山へ | トップページ | 陣馬から高尾へ »

小木津山

10/9は日立の山歩きで、小木津山へ。

2017100901

日暮里から水戸を過ぎ、初めて小木津駅で下車します。

2017100902

しばらく住宅地を歩くと小木津山自然公園。今日も天気が良いです。

2017100903

いしくぼの滝がありますが、水量が少なかったです。

2017100904

羽黒山方面に向かいますが、北展望台に立ち寄ると海が眺められ、なかなかいい感じ。
この公園は野鳥も多いらしく、ここだけを目指してきても楽しめるかも。

2017100905

一番奥へ行くと、羽黒山や神峰山などへの道が分かれます。

2017100906

樹林の中の道を淡々と辿っていくと、林道に出ます。
意外に長く林道を歩くことになり、大丈夫かと心配になった頃にようやく登山道の入口がありました。

2017100907

歩いていくと伐採地に出ました。

2017100908

しばらく進むと道標があるのですが、なんとこの時期はススキの藪藪。掻き分けながら進みました。

2017100909

下道は分かりやすいので、藪の中を進むと尾根に出ますが、もう藪はあまりなくて助かりました。

2017100910

しばらく進めば羽黒山頂。静かな山頂でした。

2017100911

神峰山方面も魅力的ですが、往路を戻り、先程の分岐から先へ。
藪はなく歩きやすい道を鞍掛山に向かい、辿っていきます。
途中には蛇塚。

2017100912

途中、左に登って展望台へ。古い煙突が見えました。大正時代に建設された大煙突で、平成になってから上部が倒壊して、下部だけになってしまったとか。

2017100913

鞍掛山に登ると電波施設が占拠していましたが、やはり海の眺めがいい感じです。

2017100914

道路へ降りてしばらく進むと文学碑。

2017100915

新田次郎氏の「ある町の高い煙突」という小説が書かれています。
調べたら、なんと来年、映画化されるようですね。

2017100916

神峰公園の展望台からはやっぱり海の良い眺め。でも、空気に少し匂いが。工場からの風なのでしょうか。

2017100917

神峰神社に立ち寄ってお参り。
日立市郷土博物館にも立ち寄りました。重い潜水具を付けて素潜りであわびなどを取る人が昔はいたようですが、今は資源保護のことなどもあり、止めたそうです。

2017100918

神峰神社口からバスで日立駅に出ます。駅前からは海の眺め。
やはり太平洋は広かったです。

« 子持山へ | トップページ | 陣馬から高尾へ »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小木津山:

« 子持山へ | トップページ | 陣馬から高尾へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ