« 陣馬から高尾へ | トップページ | 一本松から浅間嶺 »

予定外の武川岳

11/3は予定外の武川岳へ。

2017110301

軽く歩こうと飯能駅からバスに乗り、名郷へ。
伊豆ヶ岳へちょっとしたルートを歩くつもりでしたが、行ってみると取り付きの林道には立入禁止の文字。
これでは取り付けないので、諦めて別な山に行くことに。

2017110302

久しぶりに天狗岩コースを登って武川岳に行くことにしました。

2017110303

長雨が続いたせいか、ルートは若干細くなっていました。伐採や採石はもう終わったのかな。

2017110304

先へ行くと岩場の下を通るルートになりますが、落ち葉で道が分からない状態になっていました。ちょうど登っていた女性と二人で道を探しましたが、見つからず、適当に這い上がると尾根には道らしきものがあり、それを進むと天狗岩。

2017110305

男坂を登り、どんどん登れば前武川岳。ここから伊豆ヶ岳に向かおうと思っていましたが、ここまで来たなら、せっかくなので武川岳を往復することに。

2017110306

ちょいと紅葉した木も見掛けました。

2017110307

久しぶりの武川岳。さすがに人がそれなりに休んでいました。

2017110308

遠くに見える形の良い山は大山あたりですかね。

2017110309

往路を前武川岳に戻り、まだ歩いたことの無かった山伏峠に向かいます。

2017110310

やはり急降下の道で林道を横断したりします。
樹林の合間から見えるのが伊豆ヶ岳。

2017110311

山伏峠に降り立ちました。車がそれなりに通り抜けていきます。

2017110312

先へ登りますが、厳しい登りが続く道。登山地図を見ると距離の割には時間がかかるなと思っていたら、予想以上にきつい登りでした。大岩を右から巻きます。

2017110313

伊豆ヶ岳の登山道の合流付近には、派手さはないけど、地味にきれいな紅葉。

2017110314

伊豆ヶ岳も久しぶり。

2017110315

少し赤くなっている木もありました。

2017110316

下りは正丸峠方面に向かい、途中から右に下る道を取りました。

2017110317

予想よりはよい道。途中にはかめ岩やふたご岩などの小さなスポットもあって、楽しい道でした。

2017110318

正丸峠からの見覚えのある道と合流すれば登山道終了。正丸駅に出ました。

« 陣馬から高尾へ | トップページ | 一本松から浅間嶺 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予定外の武川岳:

« 陣馬から高尾へ | トップページ | 一本松から浅間嶺 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ