« ささぶねの道 | トップページ | 真弓山 »

富士見台

12/9は高尾へ。

 

2017120901

 

他の山に行くつもりでしたが、起きられず、軽く歩くことにして高尾駅へ。
目の前で陣馬高原行きのバスが行ってしまい、仕方なく同じ方面の次のバスを川原宿大橋で下車して歩き出します。

 

2017120902

 

陣馬街道を松竹で曲がり、少し行けば松竹稲荷神社。このあたり、だいぶ伐採がされて山肌が露出している所が多くなっていますが、稲荷神社のあたりだけは残されているようですね。

 

2017120903

 

城山に向かいますが、霜が降りていてかなり寒かったです。
右の斜面も伐採されていますね。

 

2017120904

 

清龍寺滝に立ち寄ろうかと思いましたが、沢に出ると水が涸れていて、この時期はだめなようです。涸れた滝を見ても面白くないので、止めて先へ進みました。

 

2017120905

 

清龍不動を見て、踏み跡を登り、駒冷しに出ました。

 

2017120906

 

天守閣の跡はやはり小さな場所。

 

2017120907

 

 

 

しばらく登っていけば、富士見台。

 

2017120908

 

ここから滅多に富士を見たことがありませんが、やはりこの日も見えませんでした。

 

2017120909

 

ノープランなので、先へ行こうかどうしようか迷いましたが、下ることにしました。
先へ下って登り返すと熊笹山の表示。
以前はこんな表示無かった気が。

 

2017120910

 

荒井などに下る道を分岐しますが、先へ進んで久しぶりに駒木野へ下ることに。

 

2017120911

 

 

 

途中からはちらりと紅葉が見られました。

 

2017120912

 

しばらく歩くとお地蔵さんのあるピーク。なんでサングラスしているの?

 

2017120913

 

 

 

八王子市のリスの絵はかわいいですね。

 

2017120914

 

駒木野へ出て、わずかに右へ行くと小仏関所跡。

 

2017120915

 

 

 

駒木野庭園へ入ってみました。ここは駒木野病院になる前に前身の医院と住居として使われていたそうですが、八王子市に寄贈したそうです。

 

2017120916

 

立派な盆栽がいくつも置かれていました。
高尾駅に出ました。

« ささぶねの道 | トップページ | 真弓山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士見台:

« ささぶねの道 | トップページ | 真弓山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ