« 富士見台 | トップページ | 彦谷湯殿山 »

真弓山

12/10は茨城へ。

2017121001

常磐線の大甕駅からバスに乗り、西真弓で下車して歩き出します。

2017121002

しばらく歩き、表登山口ではなく、西参道を真弓神社に向かいます。採石場の先に鳥居がありました。

2017121003

しばらく道を辿りましたが、薄暗い森の中を歩いたりするので今ひとつ。でも、明るい所に出るとそこが真弓神社(真弓山)でした。

2017121004

神社前からは眺めがありますが、昨今の空気の汚れのせいで、どこかの山も霞んでいました。

2017121005

もちろん巨樹に立ち寄ります。爺杉はものすごい巨樹。茨城県でもトップクラスの巨樹は本当にすごいです。こんなにすごいと思ったのは、埼玉県の上谷の大クス以来。
やはりパワーに圧倒されました。

2017121006

分岐を風神山に向かいます。それなりに歩かれている道です。

2017121007

途中の小さなギャップからは海を垣間見ることができました。

2017121008

だいぶ歩いて休憩舎のある風神山に到着。

2017121009

風神の石碑がありました。

2017121010

駐車場の少し先を左に入るとやはり海を眺められました。

2017121011

日立の研究所の近くを通り、大甕神社に立ち寄りました。

2017121012

大甕駅まで歩きました。
今は仮の駅舎で、新しい駅舎を建て直している最中のようでした。

« 富士見台 | トップページ | 彦谷湯殿山 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真弓山:

« 富士見台 | トップページ | 彦谷湯殿山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ