« 真弓山 | トップページ | 房ノ大山 »

彦谷湯殿山

12/17は両毛線沿線の山へ。

201121701

18切符を使うほどの場所ではないのだけど、小山経由で両毛線を小俣駅で下車します。
駅の橋梁から見えるのは赤城山方面かな。

201121702

土師天神宮から登り、鉄塔経由で愛宕山。

201121703

鉄塔から下って、石碑などのある慶路坂。

201121704

134号鉄塔のあたりは藪が伸びているようで、それほどの眺めでは無くなっているようです。

201121705

プラスチック階段で登り、先へ進みます。

201121706

途中の岩場には回り道もありましたけど、そのまま登ってみました。

201121707

小ピークから先、左下には採石場や廃棄物処理場を見るようになります。

201121708

ちょいと尾根が細い所もあります。

201121709

祠などのある山頂に到着。ベンチも置かれているので、眺めを楽しみながら早い食事としました。

201121710

尾根にある祠などを見て下ると三角点峰。ここにも石祠がありました。

201121711

ちょいときつい下りは慎重に下りました。途中、左は伐採されていました。

201121712

天池山にはヌタ場がありました。

201121713

最近設置されたらしいソーラーパネルの大群があるので、下りにくい道でした。東登山口に出ました。

201121714

彦谷自治会館から慶路坂に戻り、再び愛宕山から右の道を下って、
小俣駅まで歩きました。

小さな里山歩きでした。

« 真弓山 | トップページ | 房ノ大山 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彦谷湯殿山:

« 真弓山 | トップページ | 房ノ大山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ