« 彦谷湯殿山 | トップページ | ヤマイワカガミ »

房ノ大山

12/23は房総へ。

2017122301

館山駅から洲の崎方面のバスに乗りますが、本数が少ないです。坂田(今話題のパンダ、じゃなかった、ばんだ)で下車します。

2017122302

目の前は海が広がり、いい眺めです。

2017122303

ちょっと細い登山道を登っていくと、意外にあっけなく、房ノ大山の山頂に着きました。

2017122304

だいぶ霞んでいたけど、富士山が見られました。

2017122305

脚立が置かれ、港などの眺めもありました。
ちなみに山頂直下では駐車場を作るらしく、造成が進んでいます。
それができたら、5分で登れるのではと登ってきた方が話されていました。
そうなったら、随分、この山も変わってしまいそうです。

2017122306

以前は藪コースだったらしいですが、西に向かいます。最近はだいぶ整備されているようです。でも、道は細いので地図は持つように。途中には古井戸がありました。結構深い感じです。

2017122307

スズタケが凄いです。でもかなり整備されていて、道を歩く分には問題なかったです。

2017122308

分岐があり、ちょっと左に登ってしまい、北へ行ってしまいそうになりましたが、磁石で確認して南へ下ると、西バス停に出ました。ここは一日一本とかしかバスがないので、ほとんど使えません。

2017122309

伊戸の方へ歩いていくと、水仙がよく咲いていました。やはり房総らしいですね。

2017122310

海岸への道に入り、やはり海を眺める歩きはいい感じです。

2017122311

伊戸の食堂だいぼというお店に立ち寄り、昼食。地魚のお刺身などの丼が美味しかったです。浜焼きなどもありますので、いろいろ楽しめるようです。

2017122312

贅沢な昼食の後はしばらく歩き、洲崎神社。なかなか大きな神社でした。

2017122313

富士が見えるというスポットに行きましたが、もう富士は見えませんでした。

2017122314

バス停に向かうとなんと目と鼻の先でバスが通過してしまったではありませんか。次のバスはなんと1時間40分も先。仕方ないので、しばらく歩いて洲の崎灯台へ行きました。

2017122315

やはり海を眺める場所。カップルにはいい場所ですね。

2017122316

さらに時間が余ってしまったので、漁港まで行ってみました。別に何もなかったけど、時間潰しなので十分でした。

2017122317

洲の崎灯台前のバス停から館山駅に出ました。


« 彦谷湯殿山 | トップページ | ヤマイワカガミ »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 房ノ大山:

« 彦谷湯殿山 | トップページ | ヤマイワカガミ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ