« 房ノ大山 | トップページ | 九鬼山へ »

ヤマイワカガミ

今年も残す所、後わずかになってしまいましたね。

今年を振り返ると、ちょっと危険な山を歩いたり、頑張ってようやく登れた山もあったり、
南アルプスの稜線も随分繋がったし、北アルプスの歩いてしか行けない秘湯にも泊まれたし、何と言っても、健康で山に登り続けることができて、本当に楽しい良い一年でした。

振り返るとそう言えば、今年はようやくこのお花に出会うことが出来ました。

2017123101

これは少しピンクがかったタイプ。

2017123102

これは純粋にシロバナタイプ。

また来年も今までに会ったことのないお花に会えるといいな。

それでは、皆様、どうぞよいお年をお迎え下さい!

« 房ノ大山 | トップページ | 九鬼山へ »

お花」カテゴリの記事

コメント

リブルさん
新年 おめでとうございます。

ヤマイワカガミでご挨拶とは、嬉しいですね。
今年もたくさんの山行レポを楽しみにしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

はなねこさん、あけましておめでとうございます。

まだまだたくさんの山があるし、
同じ山を久しぶりに再訪するのもまた楽しいですね。

はなねこさんも、また、たくさんのお花を教えてくださいな。
今年もよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマイワカガミ:

« 房ノ大山 | トップページ | 九鬼山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ