« 秩父御岳山へ | トップページ | 勘太郎の湯 »

明神ヶ岳へ

11/19は久しぶりに箱根。

2017111901

大雄山線に乗るのも随分久しぶり。塚原駅で下車しますが、これも初めて。

2017111902

山に向かうと頭が真っ白な富士山。山が邪魔しているのが残念。

2017111903

遠くに明神ヶ岳と思われる山が見えますが、随分遠いなぁ。。。

2017111904

随分歩いて矢佐芝登山口を目指します。

2017111906

矢佐芝は二宮金次郎が芝刈りに来たと言われている場所。腰掛け石があり、ここに腰掛けたと言われているようです

2017111907

山に入っていき、ゲートの先へ行くとようやく登山口。
水がたっぷりと流れていて、思わず飲んでしまいました。柔らかいお水でした。(^^;

2017111908

登山道はしっかりと手入れされている樹林の中で良い感じの道です。

2017111909

だいぶ登って林道に出た所は展望台がありますが、残念ながら曇ってしまいました。丹沢の方は晴れているんだけどなぁ。

2017111910

残り紅葉を見ながら緩やかな道を登っていきます。

2017111911

控えめだけど、それもまた今年の紅葉ですね。この先はハコネザサの中の道になり、だいぶ落ち葉もあって、あまり歩かれていなさそうでした。

2017111912

ひたすら登って分岐を右に進み、しばらく登ると明神ヶ岳。しかし秋と思えない寒さ。
山頂は風があって冬用パーカーを着ていてもかなり寒かったです。
富士山も雲の向こうで残念でした。

2017111914

この時期でマツムシソウとはびっくり。返り咲きでしょうかね。

2017111915

リンドウはこの時期ならではですね。

2017111916

寒くて明星ヶ岳に向かう気がせず、ここは宮城野へ下ります。

2017111917

こちらも控えめだけど、ちょっと立ち止まって楽しみました。

2017111918

右手に見えるポコンとした山は台ヶ岳あたりなのかな。
宮城野バス停に出ました。

« 秩父御岳山へ | トップページ | 勘太郎の湯 »

登山(箱根)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは。
今回は、一般人用(^^: の赤線ルートでしょうか。
紅葉がいい感じでしたね。
塚原からのルートは、車道歩きが長そうですね。

明神ヶ岳は、秋のお花が遅くまで見られるので、何回か登っていて
12月に、マツムシソウとリンドウとセンブリの花を見たことがあります。
やはり、暖かなんですね。

はなねこさん、こんにちは。遅くなりました。

矢佐芝登山道は一般コースですが、やはりマイナーなコースですね。
あまり歩かれていない感じの所が多かったです。
塚原駅からだと歩きだと随分遠いです。

12月でも見られましたか。
返り咲きかと思いましたが、そうではないのですね。
この日は体がまだ慣れていなかったからものすごく寒かったですけど、
日が当たればポカポカと暖かい場所なのでお花も遅くまで咲き残るのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明神ヶ岳へ:

« 秩父御岳山へ | トップページ | 勘太郎の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ