« 勘太郎の湯 | トップページ | ささぶねの道 »

日尻山へ

11/25は久しぶりに日尻山へ。

2017112501

バスを十郎橋で下車します。

2017112502

少し迷ったものの、なんとか北尾根取り付きの鉄塔。

2017112503

岩まじりの急登を頑張ります。

2017112504

934mを過ぎたあたりからは左手に眺めが。もうすっかり冬山でした。

2017112505

先へ進むと岩岩の尾根。通過が、かなり厳しい所もありました。

2017112506

細いけど夫婦ブナ?

2017112507

ようやく緩やかな登りになるともう岩尾根は終わり、普通の尾根が続いて登っていきます。

2017112508

久しぶりの日尻山。あれ、山名板が無くなっているようです。

2017112509

とりあえず、ちょっと先へ下って、四等三角点に会いに行きます。
更新されたのかきれいな三角点です。

2017112510

戻って見覚えのある立木。これに山名板が付いていたんだよな、と家に帰って写真を見たら、やっぱりこの木でした。

2017112511

さて、下山は北西尾根にしましたが、最近はまったく歩かれていないようで、落ち葉で踏み跡もほとんど分からない感じ。磁石を頼りに下って、岩っぽい急降下などがありました。

2017112512

1173.1mの三角点も見当たらず、正しい尾根を下降できたかよく分かりませんでしたが、なんとか林道らしき道に降りることができ、辿っていくと鉄塔に戻れました。

2017112513

朝歩いた林道をのんびり戻ります。

2017112514

十郎橋のバス停前には柿の木。たわわに実っておりました。

 

« 勘太郎の湯 | トップページ | ささぶねの道 »

登山(御坂・天子)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日尻山へ:

« 勘太郎の湯 | トップページ | ささぶねの道 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ