« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

土俵岳へマイナーコース

1/20は笹尾根の土俵岳へ。

2018012001

別な山に行こうと思っていたけど、天気も悪いしなぁ、ということで上野原駅から久しぶりに飯尾行きのバスに乗り、久野本で下車。

2018012002

道横には石仏がありました。

2018012003

土俵岳南尾根に取り付きましたが、途中で道が無くなり、仕方なく適当に尾根を登りました。なんとか510mあたりに登り着きました。

2018012004

笹藪に突入かと思いましたが、なんとか踏み跡のようなものがわずかにあり、それをたどることができました。

2018012005

やがてその踏み跡は山を巻いてしまうので、直登。ひたすら登っていくと右側から踏み跡が登ってきていました。随分前に照峯神社に下ったことがありましたが、そのときの踏み跡かなぁ。

2018012006

落ち葉の溜まる尾根を辿ります。昔の山道も残っているけど、倒木などが多くてまともに歩けない所が多かったです。

2018012007

寒さがきつくなり、それでも登っていくと以前に見た石仏がまだ残っていました。
この石仏、途中で割れたのを修復した感じですよね。以前みたときから変わっていないようです。

2018012008

久しぶりに着いた土俵岳。奥多摩側が伐採されていて吃驚。でも富士のある山梨側は伐採されていないので、ちと残念。

2018012009

まだ早い時間でしたが、小棡峠の手前から下ります。あまり歩かれていない感じ、下っていくと少し天気がよくなってきました。テープを見掛けたこのあたりで尾根が別れていました。

2018012010

古い山道が残っているので、それを辿ります。明るい尾根になり、どんどん下っていきました。

2018012011

しかし下部で道が不明瞭になり、結局、怪しい所を下りましたが、なんとか道に降りることができました。道を下っていくと、不動の滝の表示。登り返して不動の滝に向かいました。

2018012012

道標で階段を下り、山道をさらに下ると対岸に不動の滝がありました。
なかなか雰囲気のある滝でした。

2018012013

大垣内のバス停に出ますが、13時前ということで、バスは2時間以上ありません。
しょうがない、歩きますか。

2018012014

バス停一つ歩いた頃に一台の車が止まり、乗せていただけました。
大垣内の方で用事で町まで行くそうでした。途中で山が眺められる所で止めてくれて山を教えていただいたりしました。車中いろいろお話も伺うことができ、また、大堀というバス停まで送って頂き、随分早く帰ることができました。

乗せて頂いた方、有難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

御殿山へ

1/13は房総へ。

2018011301

初めて岩井駅から市営バスに乗り、平群中信号で下ろしてもらいます。ちなみにバスは前もって言っておけば、御殿山に一番近い山田中で下ろしてもらえます。この日は御殿山に登る団体さんがいて、バスは行くようでしたが、歩くことにしました。

2018011302

20分強歩いた安田橋が登山口。

2018011303

しばらく登ったら、団体さんに追いつきました。すぐに大黒様のある小ピーク。するともう富士山がしっかり見えました。

2018011304

大黒様がしっかり置かれています。

2018011305

大日如来碑のある大峯山を過ぎ、歩いていくと巻道を分岐。

2018011306

急な登りで凄い大きな石祠のある山頂の一角に到着。

2018011307

やはり素晴らしい眺めが広がりました。青空の日にぴったり。

2018011308

反対側には太平洋が広がっていました。

2018011309

先へ行くと急降下、急登で鷹取山。標高は低くてもなかなかアップダウンがあります。

2018011310

先へ歩いていくとだいぶ山深い感じがしましたが、急に左下に林道が見えてがっかり。さらに進めば、宝篋山頂でした。宝篋印塔がありますが、梵字なので読めません。

2018011311

先へ行けば、大日山。静かな山頂で個人的にはここからの富士が一番好きでした。

2018011312

坊滝への道を分岐。そちらへの道も興味がありましたが、やはりバスが気になる。。。ということで、左へ増間登山口に降りました。

2018011313

道路をしばらく歩けば、増間ダムへの道が分岐。

2018011314

ひたすら歩いて川又の滝田郵便局前のバス停に着きました。ここから館山駅行き12時36分のバスがありましたが、まだ1時間20分待ち。ということで右の平群方面に向かって歩きます。

2018011315

随分歩いて不寝見川のバス停に着きました。ここから岩井駅行きのバスが12時59分にあります。しかし、まだ1時間10分待ち。ええい、駅まで歩いてしまえ。

2018011316

左の国道に入れば、富山の麓を回っていきます。しかし、登りもあって、歩くには長い距離でした。

2018011317

富山の麓あたりはやはり水仙がよく咲き、香りが漂っておりました。このあたりは出荷用みたいですね。

2018011318

途中で足の裏にマメを作ってしまい、足が痛くなりました。なんとかバスよりは早く、岩井駅に着きました。一件落着。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナコウ山へ

7日は伊豆へ。

2018010701

宇佐美駅が歩き出し。

2018010702

懐かしい宇佐美の海岸。この日はどんど焼きが準備中でありました。

2018010703

漁港の先から取り付き、ナコウ山に向かいます。途中は踏み跡も怪しく、適当に斜面を登っていきました。だいぶ登ると刻印石がありました。確かに点々が入っていますね。

2018010704

こんなクサビ形のものもありました。

2018010705

離山の三角点は探してみましたが、見つけられず。展望台と書かれた方にも行きましたが、こちらも木が伸びたのか、樹林でほとんど見えませんでした。

2018010706

先へ向かいますが、あまり歩かれていないようです。この日は団体さんが来ていて、その方達の後をしばらく歩いたのち、パスさせてもらって先へ進みました。ロープの付いた急登は長いです。

2018010707

321mを過ぎると進路がかなり分かりにくいです。自分は踏み跡を外したので磁石を見て北に進み、この表示を見て安心しました。しかし、とてもウォーキングコースとは言えませんね。

2018010708

進んでいくとようやく道らしくなり、やがて羽柴越中守石切り場に出ました。あたりからは湾などを眺めることができて、確かに遠くから来ていた武士たちが故郷を想って泣いたというのは分かるような気がしますね。

2018010709

急登ですぐにナコウ山の山頂。富士山もわずかに木の合間から見えましたが、藪山でした。

2018010710

先へ下るとしばらくは良かったものの、その先はまた進路が非常に分かりにくいです。慎重に下り、テープなどを見てはずさないように進み、ようやくの事で道標のある東浦道に出ました。

2018010711

この道は広めの歩きやすい道。馬でも通ったのかな。

2018010712

道路歩きになり、だいぶ歩いてようやく朝日山公園。寄り道して長谷寺。静かなお寺で三十三の石仏が壮観でした。

2018010713

朝日山には休憩舎があり、海の眺めが良かったです。向こうに見えるのは丹沢の大山あたりかなぁ。

2018010714

のんびり下って網代駅に出ました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練馬 田柄川緑道あたりのお散歩

1/3は練馬へ神社などを巡るお散歩に。

2018010301

東武練馬駅が歩き出し。

2018010302

わずかに歩くと北町観音堂。区内最大の石仏という北町聖観音座像(天和二年1682)などが置かれています。

2018010303

しばらく商店街を歩き、浅間神社にお参り。ここには富士塚があり、今も登ることができます。登ってみたら、標高37.76mと書かれた石が埋められていました。

2018010304

さらに歩くと環八通りに出ますが、今はこのあたりは車は地下トンネルを通過するので、思ったよりも静かです。 場所を移された道標があります。大山への道しるべでもあり、また高野台三丁目の長命寺への道しるべでもあったそうです。

2018010305

先へいくと弁天宮がありますが、三叉路の真ん中に置かれていて、場所を移動しないのはかなりの理由がありそうですね。

2018010306

場所が分からず、右往左往して探した徳川綱吉御殿跡之碑。
このあたりは御殿と呼ばれ、綱吉が鷹場として、鷹狩御殿を建てたことに由来するようです。

2018010307

田柄川緑道を歩きます。場所によってはまだ地下に水道があるらしく、異常気象時などに水量を示す表示版が途中にありました。

2018010308

だいぶ歩いて氷川神社。こちらにも小さな富士塚がありました。こちらは手前までという感じ。

2018010309

さらに進み、愛宕神社でお参り。そんなには大きくはない神社だけど、境内は広く、こういう神社好きですね。

2018010310

少し先に天祖神社。

2018010311

 

平和台の駅を通り越し、本寿院。

2018010312 

頭部が馬型の僧形馬頭観音があります。

2018010313

稲荷神社を探しましたが、見つからず、風も強くなってきて寒くなってきたので、諦めて金乗院。なかなか大きなお寺です。

2018010314

田柄川緑道をさらに歩いて円明院。

2018010315

諏訪神社へお参り。

2018010316

日没が近くなってきたので慌てて先へ進み、最後の氷川神社でお参り。3日の夕方にもかかわらず、お参りする人で列ができていたのには吃驚。出店なんかもあって、結構、地元の方に人気のある神社のようです。
列に並んでしばらく待ち、最後のお参りをして、氷川台駅から帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武蔵小山温泉

山の手七福神巡りの後は、今年の初湯、武蔵小山温泉へ。

不動前駅から一駅乗った武蔵小山駅で下車。
数分歩いた所にある温泉銭湯です。

2018010213

前にも入浴しているので久しぶりの再訪ですけど、なかなかいい温泉です。
残念ながら正月のせいか、この日は変な客がいて最悪でしたが、
それは施設のせいではないですね。

いわゆる黒湯の温まるお湯。
露天風呂には黄金の湯と言う療養泉もありました。こちらはその名の通り、黄金色です。
温まるけど、強いので長湯はきついですね。

2009年に入浴した時は450円でしたが、現在は460円。
10円しか上がっていないのも銭湯だからこそですね。
人が多いとお風呂はちょいと狭いけれど、この料金で良い温泉に浸かることができるのはメリットです。

やはり良い温泉でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山の手七福神

毎年恒例の七福神巡り。
山の手七福神は2つありますが、今回は目黒の山の手七福神に行きました。

2018010201

南北線の白金高輪駅を歩き出し、しばらく国道1号沿いを歩くと覚林寺があります。
こちらが毘沙門天。

2018010202

少し先に清正公の石碑がありますが、基部には几号水準点が。

2018010203

大きな石柱があったにも関わらず、見過ごして通り過ぎてしまいましたが、戻って瑞聖寺。
なかなか立派なお寺ですね。寛文十年(1670年)の開山だとか。
こちらは布袋尊です。

2018010204

しばらく歩き、こじんまりした妙円寺。しかし、こちらは福禄寿と寿老人の2つがあります。

2018010205

目黒駅あたりはビル風が強くてめちゃくちゃ寒かったです。以前にも来たことのある大円寺は大黒天です。

2018010206

三猿の板碑の庚申塔がいいですね。

2018010207

たいこばしで目黒川を渡ります。安藤広重が描いた名所江戸百景にあるそうな。

2018010208

山手通りを歩道橋で渡れば、蟠龍寺。こちらは弁財天。こじんまりしているけど、池などもあっていい雰囲気のお寺でした。

2018010209

目黒不動の瀧泉寺。さすがに人も多かったです。出店でたこやき食べたいなと思ったら、行列だったので止めました。(^^;
こちらは恵比寿天でした。

2018010210

番外編で成就院。たこ薬師とも言われる古刹だそうです。

2018010211

お堂の横に立ち並ぶ石仏が壮観です。

2018010212

不動前駅に出ました。

これで今年もよい年が迎えられそうですね。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九鬼山へ

12/30は九鬼山へ。

2017123001

禾生駅を歩き出し、しばらく歩きます。道路の温度表示は0度。やはり寒いです。
レンガ造りの橋を見ます。

2017123002

道標に従い、杉山新道に入ります。

2017123003

谷沿いの道は冷蔵庫というより冷凍庫みたいな寒さ。それでも谷から離れると暖かくなり、
尾根に出れば日も当たるようになりました。

2017123004

登っているとちらりと甲斐駒ヶ岳など南アルプスの山がちらり。

2017123005

鈴ヶ音峠などへの道が分岐。

2017123006

富士見平で富士を眺めた後、山頂へ。やはり眺めが広がります。

2017123007

反対側にはやっぱり富士山!

2017123008

富士見平に戻り、急坂を下って天狗岩。町並みなどを眺められるのがいいですね。

2017123009

愛宕神社や禾生駅への道が分岐しますが、田野倉駅に向かいます。

2017123010

池の山には四等三角点がありました。

2017123011

左側が開けている所があり、富士や三ツ峠、リニア線などを見ることができました。

2017123012

沢を渡り、道路に出れば、登山道終了。

2017123013

田野倉駅の手前で一本電車が行ってしまい、また、今回もバッドタイミング。

2017123014

しばらく電車を待ったものの、30分以上あるなぁ、と歩いてみました。
上大月駅まで歩き、大月駅まで歩いても良かったのですが、
数分で電車が来るので、初めてこの駅から乗って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »