« 山の手七福神 | トップページ | 練馬 田柄川緑道あたりのお散歩 »

武蔵小山温泉

山の手七福神巡りの後は、今年の初湯、武蔵小山温泉へ。

不動前駅から一駅乗った武蔵小山駅で下車。
数分歩いた所にある温泉銭湯です。

2018010213

前にも入浴しているので久しぶりの再訪ですけど、なかなかいい温泉です。
残念ながら正月のせいか、この日は変な客がいて最悪でしたが、
それは施設のせいではないですね。

いわゆる黒湯の温まるお湯。
露天風呂には黄金の湯と言う療養泉もありました。こちらはその名の通り、黄金色です。
温まるけど、強いので長湯はきついですね。

2009年に入浴した時は450円でしたが、現在は460円。
10円しか上がっていないのも銭湯だからこそですね。
人が多いとお風呂はちょいと狭いけれど、この料金で良い温泉に浸かることができるのはメリットです。

やはり良い温泉でした。

« 山の手七福神 | トップページ | 練馬 田柄川緑道あたりのお散歩 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、
遅まきながら今年もヨロシクお願いします<(_ _)>

東京の銭湯は、460円なんですね。
千葉は430円。この差はなんでだろう?
昔は均一料金だったような気がするんですが…。

年末、久し振りに銭湯へ。
窯の扉にある火除け札を見るのも久し振り。
薪が燃える音が懐かしくって、暫らく聞いていました。

れれちゃん、こんにちは。

いつ頃からは知りませんが、今は自治体によって料金が違いますね。
300円台で入れた頃が懐かしいです。

確かに薪でお風呂を焚くのは、もう23区内ではほとんどないのでは。
都内では無かったですが、子供の頃、おじいさんの家に遊びに行くと、
薪で焚いていたのがカルチャーショックでした。
当時、薪割りを体験しましたよ。

トイレを覗くと汲み取り式でハエがブーンというのも。。。(^^;;;
古き良き時代のお話ですけどね。
もちろん大きくなった時には面白くはないけど、
ごく普通のガス風呂、トイレも水洗できれいになっていました。

なかなか訪問できていませんが、
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵小山温泉:

« 山の手七福神 | トップページ | 練馬 田柄川緑道あたりのお散歩 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ