« ナコウ山へ | トップページ | 土俵岳へマイナーコース »

御殿山へ

1/13は房総へ。

2018011301

初めて岩井駅から市営バスに乗り、平群中信号で下ろしてもらいます。ちなみにバスは前もって言っておけば、御殿山に一番近い山田中で下ろしてもらえます。この日は御殿山に登る団体さんがいて、バスは行くようでしたが、歩くことにしました。

2018011302

20分強歩いた安田橋が登山口。

2018011303

しばらく登ったら、団体さんに追いつきました。すぐに大黒様のある小ピーク。するともう富士山がしっかり見えました。

2018011304

大黒様がしっかり置かれています。

2018011305

大日如来碑のある大峯山を過ぎ、歩いていくと巻道を分岐。

2018011306

急な登りで凄い大きな石祠のある山頂の一角に到着。

2018011307

やはり素晴らしい眺めが広がりました。青空の日にぴったり。

2018011308

反対側には太平洋が広がっていました。

2018011309

先へ行くと急降下、急登で鷹取山。標高は低くてもなかなかアップダウンがあります。

2018011310

先へ歩いていくとだいぶ山深い感じがしましたが、急に左下に林道が見えてがっかり。さらに進めば、宝篋山頂でした。宝篋印塔がありますが、梵字なので読めません。

2018011311

先へ行けば、大日山。静かな山頂で個人的にはここからの富士が一番好きでした。

2018011312

坊滝への道を分岐。そちらへの道も興味がありましたが、やはりバスが気になる。。。ということで、左へ増間登山口に降りました。

2018011313

道路をしばらく歩けば、増間ダムへの道が分岐。

2018011314

ひたすら歩いて川又の滝田郵便局前のバス停に着きました。ここから館山駅行き12時36分のバスがありましたが、まだ1時間20分待ち。ということで右の平群方面に向かって歩きます。

2018011315

随分歩いて不寝見川のバス停に着きました。ここから岩井駅行きのバスが12時59分にあります。しかし、まだ1時間10分待ち。ええい、駅まで歩いてしまえ。

2018011316

左の国道に入れば、富山の麓を回っていきます。しかし、登りもあって、歩くには長い距離でした。

2018011317

富山の麓あたりはやはり水仙がよく咲き、香りが漂っておりました。このあたりは出荷用みたいですね。

2018011318

途中で足の裏にマメを作ってしまい、足が痛くなりました。なんとかバスよりは早く、岩井駅に着きました。一件落着。

« ナコウ山へ | トップページ | 土俵岳へマイナーコース »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

本当に関東周辺の山を広範囲に良く歩いていらっしゃいますね。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
様々な角度からのブログ、楽しみにしています。

たまびとさん、こんにちは。

今年はだいぶ寒いですけど、房総は比較的暖かな事が多いので、冬場の時期は楽しめます。
富士山の眺めも楽しいですから出かけたくなります。

今年もよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御殿山へ:

« ナコウ山へ | トップページ | 土俵岳へマイナーコース »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ