« 九鬼山へ | トップページ | 武蔵小山温泉 »

山の手七福神

毎年恒例の七福神巡り。
山の手七福神は2つありますが、今回は目黒の山の手七福神に行きました。

2018010201

南北線の白金高輪駅を歩き出し、しばらく国道1号沿いを歩くと覚林寺があります。
こちらが毘沙門天。

2018010202

少し先に清正公の石碑がありますが、基部には几号水準点が。

2018010203

大きな石柱があったにも関わらず、見過ごして通り過ぎてしまいましたが、戻って瑞聖寺。
なかなか立派なお寺ですね。寛文十年(1670年)の開山だとか。
こちらは布袋尊です。

2018010204

しばらく歩き、こじんまりした妙円寺。しかし、こちらは福禄寿と寿老人の2つがあります。

2018010205

目黒駅あたりはビル風が強くてめちゃくちゃ寒かったです。以前にも来たことのある大円寺は大黒天です。

2018010206

三猿の板碑の庚申塔がいいですね。

2018010207

たいこばしで目黒川を渡ります。安藤広重が描いた名所江戸百景にあるそうな。

2018010208

山手通りを歩道橋で渡れば、蟠龍寺。こちらは弁財天。こじんまりしているけど、池などもあっていい雰囲気のお寺でした。

2018010209

目黒不動の瀧泉寺。さすがに人も多かったです。出店でたこやき食べたいなと思ったら、行列だったので止めました。(^^;
こちらは恵比寿天でした。

2018010210

番外編で成就院。たこ薬師とも言われる古刹だそうです。

2018010211

お堂の横に立ち並ぶ石仏が壮観です。

2018010212

不動前駅に出ました。

これで今年もよい年が迎えられそうですね。(^^)

« 九鬼山へ | トップページ | 武蔵小山温泉 »

七福神巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の手七福神:

« 九鬼山へ | トップページ | 武蔵小山温泉 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ