« 武蔵小山温泉 | トップページ | ナコウ山へ »

練馬 田柄川緑道あたりのお散歩

1/3は練馬へ神社などを巡るお散歩に。

2018010301

東武練馬駅が歩き出し。

2018010302

わずかに歩くと北町観音堂。区内最大の石仏という北町聖観音座像(天和二年1682)などが置かれています。

2018010303

しばらく商店街を歩き、浅間神社にお参り。ここには富士塚があり、今も登ることができます。登ってみたら、標高37.76mと書かれた石が埋められていました。

2018010304

さらに歩くと環八通りに出ますが、今はこのあたりは車は地下トンネルを通過するので、思ったよりも静かです。 場所を移された道標があります。大山への道しるべでもあり、また高野台三丁目の長命寺への道しるべでもあったそうです。

2018010305

先へいくと弁天宮がありますが、三叉路の真ん中に置かれていて、場所を移動しないのはかなりの理由がありそうですね。

2018010306

場所が分からず、右往左往して探した徳川綱吉御殿跡之碑。
このあたりは御殿と呼ばれ、綱吉が鷹場として、鷹狩御殿を建てたことに由来するようです。

2018010307

田柄川緑道を歩きます。場所によってはまだ地下に水道があるらしく、異常気象時などに水量を示す表示版が途中にありました。

2018010308

だいぶ歩いて氷川神社。こちらにも小さな富士塚がありました。こちらは手前までという感じ。

2018010309

さらに進み、愛宕神社でお参り。そんなには大きくはない神社だけど、境内は広く、こういう神社好きですね。

2018010310

少し先に天祖神社。

2018010311

 

平和台の駅を通り越し、本寿院。

2018010312 

頭部が馬型の僧形馬頭観音があります。

2018010313

稲荷神社を探しましたが、見つからず、風も強くなってきて寒くなってきたので、諦めて金乗院。なかなか大きなお寺です。

2018010314

田柄川緑道をさらに歩いて円明院。

2018010315

諏訪神社へお参り。

2018010316

日没が近くなってきたので慌てて先へ進み、最後の氷川神社でお参り。3日の夕方にもかかわらず、お参りする人で列ができていたのには吃驚。出店なんかもあって、結構、地元の方に人気のある神社のようです。
列に並んでしばらく待ち、最後のお参りをして、氷川台駅から帰りました。

« 武蔵小山温泉 | トップページ | ナコウ山へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 練馬 田柄川緑道あたりのお散歩:

« 武蔵小山温泉 | トップページ | ナコウ山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ