« 金鑚神社へ | トップページ | 天覧山ほか »

おふろcafe 白寿の湯

金鑚御岳山の帰りはやっぱり温泉へ。

2018020421

白寿の湯は随分前に入浴したことがありますが、いつの間にかリニューアルされていました。

山から降りて真正面にこの施設がありました。上渡瀬のバス停からは数分の距離。
バス時間が分からなかったので、念のためバス停に行って確認してから入りました。
バスは1時間に1本程度なので、しっかり確認した方がいいです。

入浴料は土日850円でした。
お湯はナトリウム・塩化物泉ですが、鉄分が多いのか、かなり茶色のお湯です。
相変わらずお風呂は足の裏が痛くなるくらい、温泉の堆積物が固まっています。

残念ながら源泉そのままだと濃すぎるため、井戸水を利用して薄めているようですが、
それでも十分に濃いお湯です。成分表は見なかったのですが、30000mg/Kgを越えているようで、源泉は相当な濃さのお湯です。

この日は日曜日だったためか、芸人さんがお風呂で歌を歌ったり、イベントが開催されていました。
また、図書ルームみたいな休憩所もあり、のんびり長居するのも良さそうです。

バス時間まで1時間しかなかったのと、次のバスだと帰りが遅くなってしまうため、あまりのんびり入浴できなかったのが残念でした。

リニューアルされたので、施設もきれいで、いいお風呂でした。
また来たいですね。

« 金鑚神社へ | トップページ | 天覧山ほか »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おふろcafe 白寿の湯:

« 金鑚神社へ | トップページ | 天覧山ほか »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ