« 鐘ヶ嶽から大山 | トップページ | 天覚山へ »

真岡の里山

3/3は栃木へ。

2018030301

小山から水戸線の下館に行き、随分久しぶりに真岡鉄道に乗換えて、寺内駅で下車します。

2018030302

山は遥か遠いです。ようやく五行川を渡ります。

2018030303

北関東自動車道の下を通り、さらに随分歩いてようやくの事で専修寺。
大きなお寺でした。

2018030304

さらに歩いてようやく山が近くなりました。

2018030305

取り付きがよく分からず、変な所から登りました。なんとか小尾根を辿るとよい踏み跡が通っていました。

2018030306

地元の方が付けたものか古い看板が付いています。仏生寺というところへ降りられるようです。

2018030307

明るい山頂の浅間山。このあたりには浅間山が2つあるので、阿部岡浅間山とも呼ばれているようです。

2018030308

阿部岡へ下りましたが、ひどい藪道。笹薮の道に閉口して左へ降りたら、これもまたひどい下りになってしまいました。へんな所から道に出たので、地元の方に不審な顔をされてしまいました。(^^;
延々と歩いてようやく磯山。三角点付近は眺めはあまりないけれど、一等三角点の山でした。

2018030309

帰りは桜町陣屋跡に立ち寄ります。二宮尊徳(金次郎)がここを拠点として報徳の教えを広めたそうな。

2018030310

帰りもひたすら遠かった。ようやくの事で寺内駅に戻り、のんびり列車を待ちました。

|

« 鐘ヶ嶽から大山 | トップページ | 天覚山へ »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真岡の里山:

« 鐘ヶ嶽から大山 | トップページ | 天覚山へ »