« 手賀の散歩 | トップページ | 鐘ヶ嶽から大山 »

愛宕山から行風山

久しぶりに風邪を引いて寝込んだりしていたので、更に遅くなりましたが、2/12は奥武蔵へ。

2018021201

のんびり起きて今回も八高線に乗り、明覚駅で下車します。

2018021202

しばらく歩いてから山に取り付きますが、なぜ水戸黄門の像が。

2018021203

山に取り付き、藪っぽい所を登ると石碑が。

2018021204

藪っぽい尾根を辿っていきます。だいぶ進むとようやく一級基準点。コンクリートの中みたいです。

2018021205

磁石を頼りに進んでいくと道路に降り立ちました。

2018021206

先へ進みますが、最初こそよい道だったものの、やはりその先は笹薮が繁茂しつつある感じでした。

2018021207

それでも進んでいくとなんとか167mの三角点。四等三角点みたいです。

2018021208

下るあたりはひどい藪。それでもなんとか道路に降り立ちましたが、その先も突っ込むうような場所があまりなかったです。

2018021209

藪の中を登って、なんとか良い踏み跡を見つけ、それを辿ると道標があったのでホッとしました。

2018021210

明るい堂山の山頂。このあたりは一応登山道です。

2018021211

雷電山に向かいます。途中から振り返ると良い眺め。

2018021212

久しぶりの雷電山。前はもう少し明るい感じの山頂だった気がしますが、この日はなんとなく薄暗く、あまり気分の良い山頂に思えませんでした。

2018021213

行風山に向かいます。なんとか踏み跡は続いていて、途中進む方向に迷いましたが、なんとか林道に。

2018021214

その先の取り付きも一度誤り、戻って再度取り付いて、なんとか正しい踏み跡を辿りました。行風山が近づくとあたりは伐採が行われたのか道が錯綜していて、これまた難しかったです。

2018021215

随分久しぶりの行風山。雀山という表示もありました。以前にあった行風山の木のプレートは風化したようで、半分壊れて下に置かれていました。

2018021216

雀川ダムに下山します。

2018021217

途中にあった村社で無事下山できたことをお祈りしました。

2018021218

雀川ダム入口に出ました。でも、1時間近く待ち。

2018021219

暇つぶしに五明というところまで行ってみましたが、バスが増えることもなく、結局少し戻って東光寺入口というバス停で小川町行きのバスを待ちました。

|

« 手賀の散歩 | トップページ | 鐘ヶ嶽から大山 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山から行風山:

« 手賀の散歩 | トップページ | 鐘ヶ嶽から大山 »