« 下部温泉会館 | トップページ | 榎窪山から高尾梅園 »

城山かたくりの里2018

春になると早春のお花を見に行きたくなります。
ここ数年、恒例になっている城山かたくりの里へ、3/25に行きました。
(当然ながらすでに今年は閉園しています。)

この日はカタクリが満開の見頃を迎えていたので、入園料は500円でした。

2018032501

一気に暖かくなったせいか、たくさんのお花が一斉に咲いて、すごいことに。

2018032503

なんと言っても、かたくりの量は半端じゃありません。とても写真では表現できませんが、左も右もずらりとカタクリだらけ。

2018032504

ここには何度も訪れていて、以前にもカタクリがかなり咲いていた時に当たりましたが、これほどまでに咲いていたのは初めてでした。もうすごいとしか言いようがありませんでした。

2018032502

草むらにはシュンランもあり。

2018032505

ヒカゲツツジも咲き、

2018032506

ここでイワウチワを見たのは初めてだなぁ。

2018032507

白花のカタクリもありました。

2018032508

八重咲きのカタクリには吃驚!

2018032509

オオバキスミレまでありました。

2018032510

もちろん雪割草も。さすがに去年よりは少なかったかな。

2018032511

コシノコバイモ。

2018032512

とても全部のお花は紹介しきれませんが、キクザキイチゲ、アズマイチゲ、キバナセツブンソウ、ミツマタなどなど、本当にお花だらけでまさに百花繚乱、短い春を満喫したひとときとなりました。

« 下部温泉会館 | トップページ | 榎窪山から高尾梅園 »

お花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城山かたくりの里2018:

« 下部温泉会館 | トップページ | 榎窪山から高尾梅園 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ