« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

榎窪山から高尾梅園

かたくりの里の後はいつものように軽い歩きへ。

2018032521

小松城跡への道を歩きます。歩く人も多くなり、随分道が広がりましたね。昔は藪がかった所もあったのに、変われば変わるものです。

2018032523

この日はもう暑いくらいで、ヤマザクラも咲き始めていて、やはり今年はお花が早いですね。

2018032522

足元にはナガバノスミレサイシンがちらほらと咲いておりました。

2018032524

金比羅宮に行こうと思ったら、前に団体さんがいたので止めて、左に進んで広場で昼食。
道路をしばらく歩き、文学碑は通らず、そのまま榎窪山に向かいました。のんびり辿っていけば、榎窪山。

2018032525

少し下れば三沢峠。ここからごく普通に下り、梅の木平に降りました。途中にカタクリの表示があったけど、住宅のようでよく分からず、諦めて高尾山口に出ました。

2018032534

高尾山口駅の近くでも桜が咲いていました。

2018032535

まだ歩き足りなかったので、そのまま道路を歩いて高尾梅林へ。まだ梅が旬は過ぎていたもののそれなりに咲き残っていました。

2018032536

蛇滝口の手前あたりで終了。道路を歩いていると小仏関所跡あたりはサンシュユがきれいでした。高尾駅まで歩きました。

ということでその他のお花。

2018032526

久しぶりのキバナノアマナ。

2018032528

ミヤマカタバミはごくわずかでした。

2018032530

アズマイチゲ。

2018032532

ヤマエンゴサク。

楽しい花の山歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山かたくりの里2018

春になると早春のお花を見に行きたくなります。
ここ数年、恒例になっている城山かたくりの里へ、3/25に行きました。
(当然ながらすでに今年は閉園しています。)

この日はカタクリが満開の見頃を迎えていたので、入園料は500円でした。

2018032501

一気に暖かくなったせいか、たくさんのお花が一斉に咲いて、すごいことに。

2018032503

なんと言っても、かたくりの量は半端じゃありません。とても写真では表現できませんが、左も右もずらりとカタクリだらけ。

2018032504

ここには何度も訪れていて、以前にもカタクリがかなり咲いていた時に当たりましたが、これほどまでに咲いていたのは初めてでした。もうすごいとしか言いようがありませんでした。

2018032502

草むらにはシュンランもあり。

2018032505

ヒカゲツツジも咲き、

2018032506

ここでイワウチワを見たのは初めてだなぁ。

2018032507

白花のカタクリもありました。

2018032508

八重咲きのカタクリには吃驚!

2018032509

オオバキスミレまでありました。

2018032510

もちろん雪割草も。さすがに去年よりは少なかったかな。

2018032511

コシノコバイモ。

2018032512

とても全部のお花は紹介しきれませんが、キクザキイチゲ、アズマイチゲ、キバナセツブンソウ、ミツマタなどなど、本当にお花だらけでまさに百花繚乱、短い春を満喫したひとときとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下部温泉会館

醍醐山の帰りはもちろん下部温泉で入浴です。

前回は2011年だったようで、久しぶりの再訪。

2018032415_2

入浴料は500円だったかな。それとロッカーの鍵を借りるために100円受付でデポするシステム。帰りに100円返してくれます。

相変わらずのぬるめのお湯で、ちょうどお一人上がったところ、誰も入浴しておらず、温泉独り占め。(^^)

でも、列車の本数が減ったようで、一本逃すとかなり待たされることになるので、時計を見るとカラスの行水にすれば間に合いそう。ということで入浴時間15分たらずで出てしまいました。

それでもアルカリ単純温泉のお湯はとても柔らかいお湯で、後ですべすべ感が残りました。
長湯したかったなぁ。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

醍醐山へ

このところ多忙でアップが遅れてすっかり季節感がずれておりますが、
3/24は醍醐山へ。

2018032401

甲斐常葉駅で下車したのは自分一人。

2018032402

案内が結構ありますので、問題なく登山道に入り、登っていきます。
ヤマザクラなどもあって、咲く頃は楽しいのでしょうね。

2018032403

滅多にタチツボスミレは撮らないのですが、自分の今年初のスミレでしたので、撮りました。

2018032404

樹林の中を進んでいくと左に眺めがあるところに出て、左に見える山が醍醐山のようです。

2018032405

アブラチャンがちらほら咲いていました。

2018032406

鳩打峠に着きます。道路が通っているのかと思っていましたが、下をトンネルで抜けているようです。そちらへの踏み跡が降りていました。

2018032407

しばらく進むと五老峰展望台。自分には馴染みのない山々ですが、右は五宗山のようです。

2018032408

だいぶ登って山頂手前の分岐。木段を登れば、山頂に近いですが、右の展望台経由で登ることにしました。

2018032409

少し進めば、すぐに樹林が切り開かれた展望台に出ます。八ヶ岳や奥秩父の山を遠望することができました。南アルプス方面は雲がかかって見えなかったのが残念。

2018032410

休憩舎のある小広い山頂。先へ進むともう一つ展望台があるのでそちらに進みます。

2018032411

尾根の先にある展望台からは富士川を眺められました。登っていると奥深い山のような雰囲気でしたが、こう見ると里山の感じでした。日差しがあってポカポカと暖かいので、狭い場所ですが、ここで昼食にしました。

2018032412

山頂に戻り、下部温泉駅に向かいます。下っていくと醍醐峠に着きました。あたりには石仏や石祠などがたくさん置かれていました。以前には大子集落があったようです。

2018032413

尾根を先へ行くと集落があった頃のお墓と思われるものをいくつか見て、さらに鉄塔を過ぎて先へ行きます。登りになると踏み跡が怪しくなりますが、尾根は明瞭なので、そのまま登るとわずかで西山に着きました。三角点があるだけのただのピーク。

2018032414

再び醍醐峠に戻り、無住の一軒家を過ぎて下っていけば、下部温泉近くの集落に出ました。車道に降りて歩いていくと先には大きな山。毛無山なのかな。(五老峰らしいです。)
下部温泉駅に向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »