« 城山かたくりの里2018 | トップページ | 春爛漫の仙元山から物見山 »

榎窪山から高尾梅園

かたくりの里の後はいつものように軽い歩きへ。

2018032521

小松城跡への道を歩きます。歩く人も多くなり、随分道が広がりましたね。昔は藪がかった所もあったのに、変われば変わるものです。

2018032523

この日はもう暑いくらいで、ヤマザクラも咲き始めていて、やはり今年はお花が早いですね。

2018032522

足元にはナガバノスミレサイシンがちらほらと咲いておりました。

2018032524

金比羅宮に行こうと思ったら、前に団体さんがいたので止めて、左に進んで広場で昼食。
道路をしばらく歩き、文学碑は通らず、そのまま榎窪山に向かいました。のんびり辿っていけば、榎窪山。

2018032525

少し下れば三沢峠。ここからごく普通に下り、梅の木平に降りました。途中にカタクリの表示があったけど、住宅のようでよく分からず、諦めて高尾山口に出ました。

2018032534

高尾山口駅の近くでも桜が咲いていました。

2018032535

まだ歩き足りなかったので、そのまま道路を歩いて高尾梅林へ。まだ梅が旬は過ぎていたもののそれなりに咲き残っていました。

2018032536

蛇滝口の手前あたりで終了。道路を歩いていると小仏関所跡あたりはサンシュユがきれいでした。高尾駅まで歩きました。

ということでその他のお花。

2018032526

久しぶりのキバナノアマナ。

2018032528

ミヤマカタバミはごくわずかでした。

2018032530

アズマイチゲ。

2018032532

ヤマエンゴサク。

楽しい花の山歩きでした。

« 城山かたくりの里2018 | トップページ | 春爛漫の仙元山から物見山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 榎窪山から高尾梅園:

« 城山かたくりの里2018 | トップページ | 春爛漫の仙元山から物見山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ