« 榎窪山から高尾梅園 | トップページ | カタクリの林 »

春爛漫の仙元山から物見山

3月終わりの平日山行。
ちょっと腰痛になってしまい、遠出は無理そうなので、手軽に歩ける里山に出かけてみました。

2018033001

電車に乗っている時から桜がきれいだとは思っていましたが、小川町駅で下車して歩きだすと素晴らしい桜。

2018033002

沿道の桜を楽しみながらだいぶ歩いて、見晴らしの丘公園に向かう道に入りました。

2018033003

あたりにも桜、シダレザクラがまだきれいでした。

2018033005

見晴らしの丘公園に出ると素晴らしい青空と桜。ヤマザクラもすでに満開です。

2018033004

あたりの桜はちょうど満開、あまりにも素晴らしい桜の数々、言葉も出ませんでした。

2018033006

見晴台に登ります。この日は風が強く、ウィンドブレーカーを着ていても寒いくらいでした。

2018033007

風が強いせいか空中のゴミも飛び、空気が澄んでいました。
上越方面か、白い雪を抱く山も遠望できました。

2018033008

桜を満喫した公園を後にして、少し先へ進むと小さな休憩舎がありますが、そのあたりのヤマザクラがまた素晴らしいこと!

2018033009

なんて素晴らしいのでしょうか。こんな日に山を歩けると感謝したくなります。

2018033010

少し暑いくらいで、もう新緑も始まっていました。案内板と小さな古木。これは下里の大モミジという木で樹齢600年、以前は目通り4mある大木だったそうです。

2018033011

パラグライダーの発射場を見てさらに登っていくと仙元山の山頂。薄暗い樹林の中で一部だけ切り開かれて眺めがあります。

2018033012

先へ進む道にもヤマザクラがありました。だいぶ進んで青山城跡。あまり大きくはない城跡ですね。

2018033013

先へいけば藪のある二の郭跡。

2018033014

淡々と山道を進み、静かな大日山。どうやらこの山名は昔からの山名ではないようです。

2018033015

切り開きから見えるのは笠山あたりですかね。

2018033016

物見山はただの通過地点らしく、今ひとつどこが山頂なのかよく分かりません。

2018033031

石標の立っている所が二つ目の仙元山。

2018033017

脇に基準点などを見て、さらに下り、分岐を先へ行くと小倉峠。

2018033018

汗をかいて少し登れば小倉城跡。

2018033019

久しぶりにニオイタチツボスミレが。
花が咲いて時間が立っていたようで、あまり香りは強くありませんでしたが、久しぶりの春の香り。

長いので続きます。

« 榎窪山から高尾梅園 | トップページ | カタクリの林 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、お久しぶりです。
今年は、例年になく寒い冬が続きましたが、一転、3月に入ると
一気に気温が上がり、各地の桜が一斉に開花しましたね。
私も、3月末に山梨県武川の「山高神代桜」を見に行ってきました。
残雪の甲斐駒ヶ岳をバックに、樹齢二千年と言われる桜の巨樹が
正に満開となっている風景を見ることができました。

たまびとさん、こんにちは。

普通の年なら、順に咲いて楽しめるはずが、今年は一気に同時に咲いてしまって、
それはそれできれいでしたけど、楽しめる期間が非常に短かったですね。

山梨の桜もきれいだったでしょうね。
今年は乾燥していたせいか、どうも花粉の飛び方が酷かったように思えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春爛漫の仙元山から物見山:

« 榎窪山から高尾梅園 | トップページ | カタクリの林 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ