« まえばし駅前温泉ゆーゆ 2018 | トップページ | 藤野鷹取山へ »

生籐山の春

果たしていつ追いつけるのか、分からなくなってきましたが、
4/14は生藤山へ。

2018041401

佐野川バス停が歩き出し。

2018041402

岩神社に立ち寄り。なかなか大きな木もある神社でした。

2018041403

しばらく里道を辿ります。向こうに見えるのは鷹取山ですね。

2018041404

途中、道がよく分からず、地元の方に教えてもらい、くらご峠に着きました。
芭蕉の句碑がありますが、芭蕉が実際に来たのかどうかは不明なようです。

2018041405

古い山道に入りますが、歩かれておらず、藪っぽいところも多かったです。上っていくとだいぶ歩きやすくなります。

2018041406

もう新緑の季節になっていて、天気はあまり良くなかったけど、芽吹きの森はきれいでした。

2018041407

ちょいと富士塚に立ち寄り。単なる盛り上がりという感じでした。

2018041408

庚申塔を過ぎて登山道に出れば、エイザンスミレがきれいでした。

2018041409

やはりとても静かではないヒトリシズカがたくさん。

2018041410

ボタンザクラ(八重桜)もよく咲いていました。

2018041411

鎌沢の軍刀利神社。

2018041412

甘草水のあたりの桜は旬を過ぎていました。三国山あたりはやはりヤマザクラ。天気が今一つだったのが残念でした。

2018041413

しばらく歩けば軍刀利神社元社。

2018041414

男坂を下りました。かなりきつい下りでやはり登りの方が安全だと思います。

2018041415

軍刀利神社奥の院の大カツラ。新緑の季節もいいですね。

2018041416

あたりにはマルバスミレ。

2018041417

道路を歩いていたら、花壇にイカリソウが。植栽なのかな。

2018041418

井戸バス停に出ました。

 

« まえばし駅前温泉ゆーゆ 2018 | トップページ | 藤野鷹取山へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生籐山の春:

« まえばし駅前温泉ゆーゆ 2018 | トップページ | 藤野鷹取山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ