« 北山野道 | トップページ | まえばし駅前温泉ゆーゆ 2018 »

大坊山、大小山

4/8は両毛線の山へ。

2018040801

タクシーで行くという手もありますが、早朝の富田線に乗り、上宮先で下車して歩き出し。

2018040802

しばらく歩いた山川長林寺が登山口。

2018040803

少し急な石段を登って道了大権現。

2018040804

登山道を進むとアオダモがよく咲き、青空に白い花がマッチしていました。

2018040805

浅間山には大きな石祠。

2018040806

進んでいきますが、あたりの斜面にはヤマザクラがまだ咲き、新緑と合わせてきれいでした。

2018040808

林道終点から登っていくとヤマツツジが咲いていました。

2018040809

展望台からは歩いてきた山を見ることができました。

2018040810

先へ進むと今度はミツバツツジ。

2018040811

分岐を右に行ってアップダウンをこなすと大坊山。木祠や石碑などがありました。

2018040813

比較的近くに住むおじさんと話をするといろいろ教えてくれました。鉱山茶屋手前のピークからは男体山を見ることができました。

2018040814

急降下すれば越床峠。いかにも峠らしき雰囲気の小さな峠でした。

2018040815

フモトスミレをちらほらと見ます。

2018040817

さすがに暑くなってきましたが、いくつもピークを過ぎて岩場なども辿って進むとようやくのことで妙義山というピーク。この日は風が強く、少し寒い感じでした。

2018040818

少し下ると大小山。あまり印象的なピークではありません。まあ、大小山という名前は、さきの妙義山も含めてこのあたり一帯を言うようです。

2018040819

分岐を左に入って大小の文字を見に行きました。この文字は麓の阿夫利神社の御神体、大天狗、小天狗に由来するようですね。

2018040820

男坂を降りていくとひっそりと大小山仙間神社に着きました。

2018040822

ちょっと降りてから歩きが長かったですが、富田駅まで歩きました。

« 北山野道 | トップページ | まえばし駅前温泉ゆーゆ 2018 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大坊山、大小山:

« 北山野道 | トップページ | まえばし駅前温泉ゆーゆ 2018 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ