« 北の丸公園の桜 2018 | トップページ | 北山野道 »

明山、篭岩山へ

何度も奥久慈の山に通うと歩いてみたくなる、明山と篭岩山。 体調に不安があったものの、今を外すとまた遠くなるなぁと4/1は出かけてみました。

2018040101

初めて竜神大吊橋を渡ります。山に入るには渡らなくてもいいのですけど、朝早いバスはここ止まりしかないので、渡るしかありません。通行料は310円でした。

2018040102

相当な高さにある橋。途中にはこんなトラップが! 下が丸見えです。
強化ガラスなんでしょうけど、高所恐怖症気味の自分は脇を通りました。(^^;

2018040103

橋を渡り、先を下っていきます。ゲートを過ぎると橋には戻れないという注意書きがありました。

2018040104

以前に武生山に行ったときに歩いた道を辿ります。さすがに朝早く、歩いている人は見掛けませんでした。久しぶりの亀ヶ淵。

2018040105

沢沿いの道を辿っていきますが、一人下ってきた方がいて吃驚。道を聞くとテープを付けてきたと話をされていましたが、地元の方なのでしょうね。 谷の中の道は少し分かりにくい所もあったものの、お陰で迷うこともなく、三葉峠に着くことができました。

2018040106

しばらく急峻な道を辿り、明山への直登ルートに入ります。トラロープがついていてお世話になりました。

2018040107

必死こいて登り付いた所が明山の山頂。ぐるりの展望があります。

2018040108

あれは武生山ですかね。下にあるのは340m峰かな。遠くの山はまったく分からないけれど、明るく展望の良い山頂でした。

2018040109

今回の目標は篭岩山。アップダウンのある尾根を進んでいきます。途中には道標もあるけれど、やはり東京のすぐ近くの山とは比較にならない山道。

2018040110

一枚岩に立ち寄ります。眺めの良いピークで昼食。人の気配がなく、一人ポツンといる孤独感がありました。

2018040111

篭岩への分岐を過ぎると核心部。やはり踏み跡はそれまでより薄くなった感じ、それでもこのあたりはそれほどきついアップダウンではなく、ようやく手前の岩場に着きます。 なんと登ってきた人がいて吃驚。この稜線で会ったのはこの人だけでした。

2018040112

キレットの下りになり、ひどい急下降。最初は鎖が付いているものの、少し下ると横に付いていて、鎖をもし離すと一巻の終わり。その先のトラロープの直下降はまさに危険の一言。やはりこんな所を歩くのは自分のように酔狂な人だけでしょう。ひさしぶりに興奮して足がガクガクしてしまいました。

2018040113

もうひとつキレットがあり、 その下りも注意が必要、鞍部からの登りもルートが難しいです。やさしいけど大きな岩場を登って、その先へ行けばようやく篭岩山の山頂。遠くには男体山が見えていました。おそらく手前の山は去年歩いた岩稜コースでしょうね。

2018040114

下る道も分かりにくい道。なんとか下ると谷に下り、そこから谷の中を進みます。果たしてあっているのか分からず、だいぶ歩いて古い釜沢越の表示を見つけた時は狂喜。

2018040115

久しぶりの釜沢越。峠はあまり変わっていませんでしたが、その先は若干歩きやすくなっていました。

2018040116

以前下った道をのんびり下り、道路に降り立ちました。

2018040117

のんびり道路を下ります。途中にまだお住まいか分かりませんが民家があり、菜の花、桜が咲いていて、桃源郷という感じでした。

2018040118

だいぶ歩いてもう何度も来た西金駅。駅前の桜が大きかったです。

2018040119

駅のたたずまいは変わりありませんでした。

ということでこの日見掛けたお花。

2018040122

同定が難しいけれど、ムカゴネコノメなのかな。

2018040121

数は少なかったけど、イワウチワも見ることができました。

頑張った一日でした。

« 北の丸公園の桜 2018 | トップページ | 北山野道 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明山、篭岩山へ:

« 北の丸公園の桜 2018 | トップページ | 北山野道 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ