« 地蔵新道を行く その2 | トップページ | 伝通院へ »

臼杵山へ

5/6は奥多摩へ。

2018050601

こんなに天気がよいとやっぱり出かけてしまいます。
武蔵五日市駅からのバスを沢戸橋で下車して歩き出し。

2018050602

久しぶりの盆堀川沿いの道。途中からは以前登った尾根が見えました。

2018050603

勝負口の表示。

2018050604

とある踏み跡を辿るつもりでしたが、相変わらずの失敗。変な所を登りました。
ということでワープして市道山分岐。

2018050605

久しぶりの市道山。新しい標柱が立っていました。

2018050606

先へ進めば臼杵山。

2018050607

ちょうど防災ヘリコプターが飛んでました。この写真は縮小しているのでほとんど見えないですね。

2018050608

連休でごくたまにしか人に会いません。ツクバネウツギがちらほら。

2018050609

ネコ?古い石像は健在でした。

2018050610

前回は荷田子だったので、今回は直進して元郷へ。知らないうちに某FM局の建物ができていました。やたらと付けられた注意書きがカチンと来る反感を覚える書き方ですが、あたりは展望がいい感じです。

2018050611

静かな樹林の道を下っていきます。

2018050612

まだ13時前と早い時間ですが、終了。温泉もGWだし混んでいるだろうとそのまま帰りました。

« 地蔵新道を行く その2 | トップページ | 伝通院へ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臼杵山へ:

« 地蔵新道を行く その2 | トップページ | 伝通院へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ