« 高水三山へ | トップページ | 深沢山から »

御前山を行く

4/30は奥多摩へ。

2018043001

奥多摩駅からのバスを堺橋で下車。

2018043002

登山道を見送り、栃寄のあたりから取り付きました。古い鳥居とその先には山の神と思われる社もありました。

2018043003

尾根に出て、登っていくと810m。アンテナがありますが、果たして使われているのでしょうか。

2018043004

久しぶりにシダクラ沢右岸尾根を登ります。岩場も過ぎて登っていくとアセビの広場。

2018043005

上部は気持ちのよい所があります。

2018043006

道に出るとわずか先が惣岳山。新緑できれいでした。

2018043007

さらによく整備されていました。御前山のすぐ手前からは久しぶりの富士。

2018043008

時間が早かったせいか、それともGWは遠出するのか、まだそんなに人が多くない山頂でした。

2018043009

湯久保尾根を下ろうかとも思いましたが、ここは境橋への道へ。途中、いろいろ小道が整備されていて、シロヤシオの広場というのがあったので、行ってみましたが、シロヤシオらしきものはまったく見られず、ちょっとがっかり。

2018043010

だいぶ下ると大きなトチノキがあって楽しめました。

2018043011

沢沿いを下っていくと滝がありましたが、これが栃寄大滝なのかな?

2018043012

境橋に戻りました。車が通ると揺れる橋の上でバスを待ちました。

ということでこの日見たお花。

2018043021

これはギザなお花。近くにはエイザンスミレと思われる葉も。奥多摩で見たのは初めてでした。

2018043022

アカフタチツボスミレも久しぶりに見かけました。

2018043023

シコクスミレは本当に久しぶりでした。この日、結構見かけました。

2018043024

ナガバノスミレサイシンは少数派。

2018043025

フデリンドウもありました。

2018043026

そして山頂付近には数は少なかったものの、まだカタクリがいくつも咲いていました。
今年は随分たくさんのカタクリを見ましたが、やはり自生のモノが一番ですね。(^^)

« 高水三山へ | トップページ | 深沢山から »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさんのブログも季節に追いつきつつありますね。

今年は里の花も山の花も開花が例年より10日以上早く、

私にしては珍しく3週連続で山を歩いていました。

目当てにしていた、滝子山のヒメイワカガミも御坂山塊、

十二ヶ岳のコイワザクラも見ることができ、満足しています。

3年かけた大菩薩山系の踏破も先週の黒川鶏冠山で滝子山まで、

繋がり、いよいよ奥秩父にとりかかる予定です。

たまびとさん、こんにちは。

今年は本当に週末に良い天気が多かったですね。
普段だと歩けない週がたまにあるのですが、必ず土日のどちらかはなんとか歩ける週ばかりでした。
それにしても暑い春でした。もう段々これが普通になっていくのでしょうね。

コイワザクラは随分会っていないから羨ましいですね。
暑い時期は奥秩父の稜線に上がると意外に涼しいから楽しいですね。
今年はそろそろテントを買い替えて、自分も奥秩父に行きたいです。

リブルさん お久しぶりです。
私もこの1週間くらい前に御前山に登りました。20歳代のころは奥多摩をよく歩きましたが、静岡に引っ越してからは遠い山に、久々の奥多摩でした。
ちょうどカタクリが満開でうれしかったです。そのわりには人出はそこそこ。やはり奥多摩三山では、大岳山や三頭山が人気なのでしょうか。お時間あれば眺めてください。https://4travel.jp/travelogue/11351034

今年の夏は特に暑いですね。リブルさんの山の便りお待ちしています。

ねもさん、こんにちは。すみません、遅くなりました。

やはりカタクリの季節の御前山はいい山ですね。
この日はそれなりにいましたよ。
時間が早かったから山頂はそんなに多くはなかったですけど。

静岡なら、南アルプスや駿豆の山々など、人の少ない楽しい山が多いですね。
まだまだ静岡の行きたい山がたくさんありますが、
ねもさん同様に東京からでは、なかなか遠い山です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御前山を行く:

« 高水三山へ | トップページ | 深沢山から »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ