« 御前山を行く | トップページ | 地蔵新道を行く »

深沢山から

5/4は奥武蔵へ。

2018050401

東吾野駅を歩き出します。シャガがよく咲いていました。

2018050402

山に取り付くと山の神でしょうか。あまり訪れる人もいなさそうでした。

2018050403

怪しい所を取り付いて深沢山西峰。久しぶりに訪れた四等三角点。

2018050404

以前に水晶山から来た時の道を通ります。

2018050405

深沢山はこの時期はさすがに樹林です。

2018050407

先へ進み、北向地蔵手前の富士山を示していた所からは、ホントに富士山が頭だけですけど見えて吃驚。

2018050408

アヤメが咲いていました。

2018050409

北向地蔵。 あたりの道にはハイカーはほとんどおらず、ランナーさんばかりだったようです。やはり時代なのですね。。。

2018050410

やはりシャガがよく咲いていました。

2018050411

鎌北湖へ降りていくと植栽のツツジがよく咲いていました。でも、手入れはされているのかな?

2018050412

久しぶりの鎌北湖。釣り客が多かったようでした。

2018050413

しばらく歩き、宿谷の滝。水量はまずまずでした。

2018050414

せっかくなので、富士山に立ち寄り。蝶を捕まえようとしている地元と思われる親子が印象的でした。

2018050415

駅へ向かう途中、天神社に立ち寄り。 はるか昔には学校があったそうです。

2018050416

日高市指定有形文化財の石塔婆。案内板によると1314年と彫られているそうです。700年も経過しているとはすごいですね。

2018050417

高麗川駅に出ました。

番外編:

2018050418

あまり見たことのない気動車が置かれていましたが、これも八高線で使われているのかな。乗ってみたいですね。(^^;

« 御前山を行く | トップページ | 地蔵新道を行く »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深沢山から:

« 御前山を行く | トップページ | 地蔵新道を行く »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ