« 唐梨子山へ | トップページ | 御前山を行く »

高水三山へ

4/22は高水三山へ。

2018042201

昨日も出かけたけど、いい天気なので出かけることに。やはり新緑がきれいでした。
途中の道路は地元の方がお掃除をされていました。

2018042202

沿道にはウツギがよく咲いていました。

2018042203

あまり見たことのない色のフジの花が咲いていました。紅藤という種類のフジのようです。

2018042204

登ると足元にはニョイスミレがちょこちょこと咲いています。

2018042205

常福院で一休み。

2018042206

高水山の山頂付近は新緑がきれいでした。

2018042207

フモトスミレがかわいい感じ。

2018042208

アケボノスミレは色が淡かったです。

2018042209

岩茸石山に到着。

2018042210

新緑をおかずに昼食を取りました。

2018042211

惣岳山は外国人が何人も休まれていて、下山途中にも何人も会いました。
最近はハイキングの山にも外国人が多くなりましたね。

2018042212

色の濃いタチツボスミレが咲いていました。

2018042213

御嶽駅に降りて終了。

2018042222

フモトスミレのミニブーケもありました。

2018042221

マキノさんはお久しぶり~。

やはり楽しいハイキングでした。

« 唐梨子山へ | トップページ | 御前山を行く »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高水三山へ:

« 唐梨子山へ | トップページ | 御前山を行く »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ