« 八総佐倉山 | トップページ | 大嵐山へ »

湯の花温泉

八総佐倉山の後は泊まりの湯の花温泉へ。
もう随分昔にこの温泉に泊まり、田代山に行ったのが懐かしい思い出の温泉です。
湯の花温泉経由のバスは少なく、時間がだいぶあったので、檜枝岐方面へのバスに乗り、松戸原で下車してのんびり歩きました。

2018061621

宿で2日券を買いました。(\300)

しばらく歩いて湯端の湯。掛け流しのお湯はちょっと熱め。でも、ほんのりと硫化水素の香りがあり、いかにも温泉臭でいいお湯です。ちょうど人がいなかったので、がんがんかき混ぜてようやく入れました。

2018061622

少し戻って石湯。 一所懸命にかき混ぜましたけど、やっぱり熱い!
注がれているお湯はちょっとなんですけどね。
この時期は半端ない熱さ。少し足がヤケてしまい、後で痛くなってしまいました。

2018061623

また霧雨が降り出してしまいました。沢のナメがいい感じですね。

2018061624

橋のたもとには天神湯。入ろうと思ったら、こちらもものすごい熱さ。埋めるためにか洗面器が並んでいました。でも、さきほど石湯でヤケたせいで足が痛いので入るのは諦めました。

2018061625

写真は昼間に取ったものですが、夕食後、弘法湯に入りに行きました。
夜は完全に霧雨、気温も梅雨寒でかなり低く、少し肌寒い感じでした。

こちらは少し泉質が違い、まったりした感じのお湯。しっとり感のするお湯ですが、少し好き嫌いがあるかもしれません。微妙に白濁しているような気がします。わずかにぬるめ、共同湯の中では一番入りやすいお風呂だと思います。

この日は民宿泊まり。残念ながら内湯は温泉ではなかったようでしたが、イワナの刺し身や山菜、美味しいお蕎麦など地酒も堪能して楽しい一夜はあっという間に過ぎていきました。

次の日に続く。

« 八総佐倉山 | トップページ | 大嵐山へ »

温泉(東北)」カテゴリの記事

コメント

イワナの刺し身や山菜、美味しいお蕎麦に地酒

読んでいるだけでも、羨ましくなります。

写真を見ると、本当にひなびた風情の温泉ですね。

これどこ?と思うほどの温泉をよくご存じで、流石、リブルさん。

まだ、こういう場所があるんですね。

たまびとさん、こんにちは。

やはり会津の温泉は良い温泉が多いです。
湯の花温泉は周りを山に囲まれた温泉で、特に良い温泉です。
今は車で楽に入れるようになったものの、それでも随分遠いですね。
やはり不便な所だからこそ、俗化せず良い雰囲気が残っているのだと思います。

自分もまた何かの時に泊まりたいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯の花温泉:

« 八総佐倉山 | トップページ | 大嵐山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ