« しょうぶ沼公園から花畑記念公園 | トップページ | 熊倉山南尾根 »

乙女峠から金時山

まだまだ歩いたことのないメジャーな登山道などいくらでもあります。
ということで7/1は金時山へ。
それにしても7月になったばかりなのにすごい暑さ。

2018070101

乙女峠経由のバスは少し時間が遅いので、仙石バス停から歩くことにしました。
箱根湯本でさえ蒸し暑かったですが、さすがに仙石まで来ると少しは高原の涼しさ。

2018070102

しばらく道路を歩いて乙女口。

2018070103

少し先が登山口。

2018070104

意外に歩く人がいるようで、何人も降りて来る人達に会いました。途中にはヤマボウシ。

2018070105

乙女峠に着くと、ガスっていましたが、しばらく見ていたら、雲が取れました。

2018070106

途中にはシモツケ。

2018070107

長尾山は小広い山頂。

2018070108

鎖の手すりのついた急な下りもあります。

2018070109

金時山が近づくとやはりヤマボウシ。ちょっと雨でえぐれていて登りにくい道の所もありました。

2018070110

山頂手前はお花畑。フジイバラかな?

2018070111

シモツケがたくさん!

2018070112

金時山の山頂に到着。着いた時は富士は雲の中でしたが...

2018070113

休んでいたらしっかり雲が取れてくれました。

2018070114

足柄峠方面に下ります。急な下りをしばらく頑張ると鳥居がありました。

2018070115

猪鼻砦跡から初めての道を夕日の滝に向かいます。

2018070116

こちらも思ったよりも歩かれている道。登って来る人達に結構会いました。下部で沢を渡ります。

2018070117

キャンプ場に出れば登山道終了。夕日の滝に向かいます。

2018070118

この日はなんと滝開きの日に当たりました。山伏さんが祈祷などを行っていました。
やはり滝の付近は少し涼しかったです。

2018070119

道路を歩いていくと金太郎の遊び石があります。 近くには生家跡もありました。
右に曲がって矢倉沢に行こうと思ったら、途中で通行止めなので戻りました。

2018070120

地蔵堂に出るとバスが来る時間。
これを逃したら2時間くらいバスが無かったので、助かりました。
本数が少ないので、前もって調べておかないとだめですね。

« しょうぶ沼公園から花畑記念公園 | トップページ | 熊倉山南尾根 »

登山(箱根)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乙女峠から金時山:

« しょうぶ沼公園から花畑記念公園 | トップページ | 熊倉山南尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ