« 源流から甲武信ヶ岳 | トップページ | 徳本峠から蝶ヶ岳へ »

源流から甲武信ヶ岳その2

続きです。

2018071414

朝は5時30分出発、朝からなかなか上々の天気です。

2018071415

木賊山に向かうとやはりシャクナゲがよく咲いていました。

2018071416

朝から蒸し暑いですが、朝霧の破風山もなかなか。

2018071417

立ち枯れが多いのは悪い空気の通り道になっているのでしょうか。

2018071418

避難小屋前。水蒸気が多いから眺めも霞んでいます。

2018071419

破風山まではきつい登りでした。

2018071420

シャクナゲ越しの富士山がきれいでしたが、やはり下の汚れた空気との差がすごいですね。

2018071421

のらりくらりと進んで東破風山。

2018071422

さらに気温が上がってきました。やっぱり立ち枯れ地帯。

2018071423

雁坂嶺から、最後の富士を目に焼き付けます。

2018071424

久しぶりの雁坂峠。それにしても暑い!

2018071425

オトギリソウがちらりと咲いていました。

2018071426

すごい急降下。でも、じぐざぐで下るので見た目ほどではないですけど。

2018071427

林道に出ます。直射日光が暑くて参りました。西沢渓谷入口バス停に出ました。途中で温泉に立ち寄ろうと思っていたら、バスは学生が乗ってきて超満員。諦めて塩山駅に出て、いつもの塩山温泉宏池荘で一浴してから帰りました。

« 源流から甲武信ヶ岳 | トップページ | 徳本峠から蝶ヶ岳へ »

登山(奥秩父)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 源流から甲武信ヶ岳その2:

« 源流から甲武信ヶ岳 | トップページ | 徳本峠から蝶ヶ岳へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ