« 源流から甲武信ヶ岳 | トップページ | 徳本峠から蝶ヶ岳へ »

源流から甲武信ヶ岳その2

続きです。

2018071414

朝は5時30分出発、朝からなかなか上々の天気です。

2018071415

木賊山に向かうとやはりシャクナゲがよく咲いていました。

2018071416

朝から蒸し暑いですが、朝霧の破風山もなかなか。

2018071417

立ち枯れが多いのは悪い空気の通り道になっているのでしょうか。

2018071418

避難小屋前。水蒸気が多いから眺めも霞んでいます。

2018071419

破風山まではきつい登りでした。

2018071420

シャクナゲ越しの富士山がきれいでしたが、やはり下の汚れた空気との差がすごいですね。

2018071421

のらりくらりと進んで東破風山。

2018071422

さらに気温が上がってきました。やっぱり立ち枯れ地帯。

2018071423

雁坂嶺から、最後の富士を目に焼き付けます。

2018071424

久しぶりの雁坂峠。それにしても暑い!

2018071425

オトギリソウがちらりと咲いていました。

2018071426

すごい急降下。でも、じぐざぐで下るので見た目ほどではないですけど。

2018071427

林道に出ます。直射日光が暑くて参りました。西沢渓谷入口バス停に出ました。途中で温泉に立ち寄ろうと思っていたら、バスは学生が乗ってきて超満員。諦めて塩山駅に出て、いつもの塩山温泉宏池荘で一浴してから帰りました。

|

« 源流から甲武信ヶ岳 | トップページ | 徳本峠から蝶ヶ岳へ »

登山(奥秩父)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 源流から甲武信ヶ岳その2:

« 源流から甲武信ヶ岳 | トップページ | 徳本峠から蝶ヶ岳へ »