« 乙女峠から金時山 | トップページ | 源流から甲武信ヶ岳 »

熊倉山南尾根

7/8は奥多摩へ。

2018070801

相変わらず続く酷暑。
あまり天気がよくないようだけど、丹波まで行くと都会と随分気温が違いました。

2018070802

ポツポツと降りそうだけど降らずに熊倉山南尾根に取り付きました。

2018070803

下の方はそれなりのきつい登り。だいぶ登ると石標などを見ますが、このあたりが1106mあたりかな。

2018070804

結構石標が点々と付けらけ、ポールもありました。

2018070805

途中、ちょっと小雨に降られたりしましたが、止んでくれました。随分上に登るとこの尾根の主か大きな木もありました。

2018070806

ということで登り着いたのは久しぶりの熊倉山。

2018070807

短い区間ですけど、結構きれいな森の所がありました。

2018070808

こちらも久しぶりのサオラ峠。三条の湯へ向かったのが懐かしい思い出。

2018070809

丹波天平に近い所に東京府の石標。戦前のものでしょうか。

2018070810

久しぶりの丹波天平。

2018070811

小型ですが、アンテナも立っていました。

2018070812

高畑の集落跡。 このあたりは建物は撤去されているようですが、下の方はまだ建物が残っていました。

2018070813

下って登山口。丹波からのバスに乗るつもりでしたが、もしかしたら鴨沢西発のバスに間に合いそうです。

2018070814

頑張って歩いて鴨沢西バス停。余裕で間に合い、早く帰れました。

« 乙女峠から金時山 | トップページ | 源流から甲武信ヶ岳 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊倉山南尾根:

« 乙女峠から金時山 | トップページ | 源流から甲武信ヶ岳 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ