« 水晶岳から赤牛岳 | トップページ | 奥黒部ヒュッテから黒部ダム »

赤牛岳から読売新道

続きです。

2018080531

先を見ると黒部湖へ向かって尾根が伸びています。まだ遠いなぁ~。かなり暑くもなってきました。

2018080532

少し下ると登って来た人に会って吃驚。それ以後、誰にも会わず、登ってきたのはその人達だけでした。
岩だらけの道はなかなか大変です。

2018080533

途中から振り返るともう赤牛岳が随分高くなっていました。

2018080534

天空の道という感じ。ハイマツで先が分かりにくくなっている所もありました。

2018080535

やがて低木が出てきます。

2018080536

4/8の表示のある場所。草原に木道がある感じ、いい雰囲気の場所ですね。

2018080537

樹林の中をひたすら下っていきます。3/8の表示のある場所は樹林の中で少し涼しい感じです。

2018080538

古い読売新道の表示が残っていました。昭和の時代のものでしょうね。

2018080539

途中には何箇所か岩があり、小さな岩小屋になっています。こちらは比較的大きめでしたが、中に資材のようなものが置かれていて、あまり入るような場所ではありません。

2018080540

問題の2/8の表示。ここまでは比較的ふらふらと下れますが、この先は急に道が厳しくなり、ロープの付いた急降下あり、大きな木の根を踏んでの急登、急下降などの道が続きます。

2018080541

古い鎖が付けられていた所には木段が整備されていたので、安全に歩けるようになっているみたいです。

2018080542

さすが黒部の奥、かなりの大きさの木がごろごろ。そのおかげで、ひどい道になっていたりもしますが、いたしかたのない所。

2018080543

1/8の手前は崩壊地がありますが、ロープや木段があり、安全に歩けました。だいぶ下ると右下に沢が見えましたが、黒部らしく水量があり、落ちたら人間などひとたまりもなさそうでした。

2018080544

予想外のお昼すぎに奥黒部ヒュッテに到着。ご年配の小屋番さんにも平の小屋まで行けるよと勧められましたが、おそらく自分がここに来る事はもう一度はたぶん無いはず。
ということでまだ早い時間ですが、泊まることにしました。

続く。

« 水晶岳から赤牛岳 | トップページ | 奥黒部ヒュッテから黒部ダム »

登山(北アルプス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤牛岳から読売新道:

« 水晶岳から赤牛岳 | トップページ | 奥黒部ヒュッテから黒部ダム »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ