« 塩原温泉歩道 | トップページ | ハケの道 »

みかえりの郷彩花の湯

塩原渓谷歩道の帰りは近くの温泉へ。

2018081220

回顧橋バス停から自分は歩きましたが、そんなに遠くはありませんでした。
ホームページだともみじ谷大吊橋バス停になっていて、そちらの方が近かったのかもしれません。

入浴料は700円。
内湯と露天風呂があり、わずかに熱めのお湯。
暑い日でしたので、長湯はちょっと難しいけれど、露天風呂にいると少し風があり、目の前は庭園風になっているし、車道に近いとは言え、高台にあるため、車の走行音はそんなに気になることもなく、のんびりと入浴できました。

お湯は透明でカルシウム-ナトリウム・硫酸塩泉。昔からの塩原温泉のにごり湯のイメージとはちょっと違うものの、なかなか手などすべすべ感が残ります。
後で成分表を見たのですが、確か2000mg近かったと思います。充分に療養泉と言える成分で、なかなか濃いお湯でした。

良い温泉でした。

« 塩原温泉歩道 | トップページ | ハケの道 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みかえりの郷彩花の湯:

« 塩原温泉歩道 | トップページ | ハケの道 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ