« 山彦谷南の耳、北の耳、ゼブラ山 | トップページ | はやぶさ温泉 »

西沢渓谷へ

9/1は天気が思わしくありませんでしたが、西沢渓谷へ。

2018090101

西沢渓谷入口で下車して歩き出します。林道脇にはなれいの滝とある小滝。

2018090102

しばらく歩いて西沢山荘。今は避難小屋に使われているようですが、あまり泊まりたい雰囲気ではありませんね。

2018090103

少し先には田部重治氏のレリーフと文章。「山と渓谷」とかもう随分前に読んだなぁ。

2018090104

吊橋を渡ります。

2018090105

まずは対岸にある大久保の滝。

2018090106

見応えのある三重の滝。

2018090107

ふぐ岩とありました。口が右なのかな?

2018090108

うなぎの床はちょっと緑が邪魔。

2018090109

竜神の滝はよい滝ですが、残念ながら大木がひっかかってしまっていました。

2018090110

恋糸の滝は上から見る感じ。

2018090111

貞泉の滝も水量があってなかなか。右にロープが見えますが、近くを通ります。

2018090112

カエル岩。確かに遠くから見るとカエルの頭に見えなくもないですね。

2018090113

だいぶ登って七ツ釜五段の滝の下段。ちょっと遠いものの、すごい迫力。

 

2018090114

上段も良い感じ。水がちょっと青いです。

2018090115

そろそろ終わりかなと思う頃、奥に見えるのが不動滝。

2018090116

だいぶ登らされて分岐を右へわずかに行くと休憩所。山の上の方はガスでした。

2018090117

旧森林軌道を進みます。昔はちょっと怖い橋なんかもあったのですが、今はもちろんすべてがっしりとした鉄橋でした。展望台がありますが、やっぱりガス。ちらりと見えているのは鶏冠山でしょうか。

2018090118

片方のレールが残っている所は多いですが、両方残っている所は結構貴重。途中には軌道から転落事故のあった場所などに名称が付けられていました。

2018090119

随分下って林道に出て、ネトリ大橋に出れば元の道に出ます。ちらりと吊橋が見えるけど古くて橋板がない感じ。昔の橋の名残なのでしょうね。

2018090120

西沢渓谷入口バス停に戻りました。

 

« 山彦谷南の耳、北の耳、ゼブラ山 | トップページ | はやぶさ温泉 »

登山(奥秩父)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西沢渓谷へ:

« 山彦谷南の耳、北の耳、ゼブラ山 | トップページ | はやぶさ温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ